個人投資家が暗号資産投資をする場合、多くの選択肢があります。将来、包括的な規制の枠組みが整備されれば、市場は活況を呈し、機関投資家への道が開かれ、暗号資産の時価総額が倍増する可能性があるというのが結論です。

暗号資産投資を検討している方は、一般的な種類や売買の仕組み、規制、税金、リスクなどが気になるのではないでしょうか。

今回は、最新の暗号資産ランキングを紹介し、検討すべきおすすめプロジェクト10選や暗号資産投資を始めるためのわかりやすい解説を行います。

暗号資産ランキング

Business2Communityでは、計画を実現するための技術力、実行力、製品マーケティング力があると判断したおすすめの暗号資産を選びました。

  1. Dash 2 Trade (D2T)最高の分析トラッキングツール
  2. RobotEra(TARO) – エキサイティングな新しいメタバースプラットフォーム
  3. IMPT – 環境に優しい暗号資産
  4. Calvaria(RIA) – 低い手数料のP2Eブロックチェーンゲーム
  5. Tamadoge(TAMA)– OKXに上場した新しいミームコイン
  6. Battle Infinity(IBAT) – 革新的なメタバースゲームを持つ新しい暗号資産
  7. Lucky Block (BLOCK) – Web 3.0プラットフォームで報酬獲得が可能
  8. Defi Coin – Pancakeswap(DEX)に対抗する分散型取引所
  9. OKB – OKXが発行するユニークな暗号資産
  10. Binance(BNB) – 仮想通貨取引所のネイティブトークン

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

暗号資産ランキングと今後を解説

暗号資産の未来がどうなるかを正確に推測することは不可能です。先が見えない点がまだ多いのが現状です。しかし、金融市場で大量に流通する可能性があるいくつかの暗号資産に注目することで、市場が進化し続ける中で、より良い投資判断を下すことができるようになります。

1. Dash 2 Trade (D2T) – 最高の分析トラッキングツール

best crypto to invest in - dash 2 trade logo

Dash 2 Tradeは、エキサイティングな新しい暗号資産であり、未来ある仮想通貨として、トップの位置にいるといえます。Dash 2 Tradeは、プレセールで大成功を収めただけでなく、トレーダーや投資家がより多くの情報に基づいた意思決定を行い、利益を最大化できるように、さまざまなデータや分析手段を提供する予定です。

D2Tは仮想通貨と向き合うトレーダーを支えるべく、リサーチと分析のニーズに応えるオールインワンのポータルを提供しています。Dash 2 Tradeは、まさにこの分野のパイオニア的プラットフォームとなりますが、70,000人以上のメンバーとTrustpilotの4/5スコアを誇る世界トップの暗号資産教育プラットフォーム「Learn 2 Trade」が運営しているとなれば、その力強さはお墨付きです。

なぜDash 2 Tradeは次の1000倍銘柄になるのか?

Dash 2 Tradeはトレーダーがより良い判断を下せるよう、膨大な数のツールやサービスを提供しています。その一例をご紹介しましょう。

  • 絶好の売買チャンスを示す取引シグナル
  • トレンドコインを特定する社会的センチメント指標
  • オンチェーン分析機能
  • バックテスト機能を備えた包括的ストラテジービルダー
  • 革新的な仮想通貨プレセールスコアリングシステム
  • 新規CEX/DEXリスティングのリアルタイムアラート
  • Dash 2 Tradeユーザーのための定期的なトレーディングコンペティション

こういったサービスを提供することで、Dash 2 Tradeは世界中のトレーダーや投資家に最高の仮想通貨プロジェクトとなることを目指しています。また、Dash 2 Tradeのプラットフォームにあるの全ツールと機能は、各経験レベルに合わせて使用することができます。つまり、初心者であっても、経験豊富なトレーダーであっても、公平に恩恵を受けることができるのです。さらに、Dash 2 Tradeにはトレーダー同氏が交流し、市場へのアプローチを共有するためのソーシャル機能も搭載されています。

Dash 2 Tradeが誇るエコシステムの軸となるのは、ネイティブERC-20トークンの「D2T」です。D2Tは他の優れたERC-20トークンと同様に、多彩なユーティリティを内蔵しています。もちろん、プラットフォームでは「Starter tier(スターター層)」と「Premium tier(プレミアム層)」の両方にアクセスできるため、使用に際しての投資経験値はほぼ関係ありません。

Dash 2 Tradeが提供する優れた機能にはDiscordの取引競争チャンネル、ホエールウォレット監視機能、専門的な市場指標、また最大100のウォッチリストなどがあります。Dash 2 Tradeのトップ機能は有料会員にのみ提供されますが、プラットフォームには基本的な取引ツールが使えるFree Tier(無料層)もあります。このチャンスを利用してPremium tierで提供しているサービスを体験できます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. RobotEra – 新しいメタバースプラットフォーム

RobotEra logo

Roboteraは、NFTを取り入れた新しいメタバースワールドで、プレイヤーにゲームで報酬を獲得する機会を提供します。ネイティブ通貨であるTAROは、現在プレセールにて購入可能なERC-20トークンです。

RobotEraのメタバースの中では無限の可能性が広がっているのです。例として、ユーザーは仮想の住所を購入することができます。購入した土地には、ユーザーが100%所有権を持つ不動産を建設可能です。RobotEraのメタバース内の土地や不動産の所有権は、固有のNFTによってセキュリティを守られ、識別されます。

さらに、ユーザーはメタバースの中の土地から資源を得たり、ユーザーと同じようにバーチャルロボットの形をした仲間を作ることができます。RobotEraのメタバースではコンサートや博物館、ナイトクラブ、カジノ、サロンなども揃った独自の世界を運営できるようになります。

なぜRoboteraは次の1000倍銘柄になるのか?

ここにも無限大の可能性があります。プレイヤーは仮想の不動産だけでなく、ゲームや没入体験を通して、自分専用の仮想世界を建設することができる、という点も重要なポイントです。そして最も重要なポイントは、上記したことはコーディングの知識がまったくなくとも可能だということです。逆に言えば、RobotEraはユーザーフレンドリーな手段で創造力を発揮する手段を提供しているのです。

RobotEraエコシステムが持つもうひとつの興味深い特徴は、このシステムには中心となってメタバースを管理する組織が存在しないということです。代わりに、この管理の役割はすべてのトークン保有者が出資して参加する「DAO」と呼ばれる自律的なコミュニティによって担われます。この仕組みのおかげで、RobotEraは平等なコミュニティであり続けるのです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. IMPT  – 環境に優しい仮想通貨プロジェクト

IMPT.io

IMPTマーケットプレイスでの購入から、ショッピングまで、様々な方法でカーボンクレジットを取得できる非常にユニークなコンセプトを持っています。このように、大企業や組織だけでなく、個人でも気候危機に対するキャンペーンに貢献することができることが特徴です。

IMPT.ioはカーボンクレジットをトークン化し、NFTという形でユーザーに提供することで、業界を再構築しようとしています。これにより、IMPTが販売するすべてのカーボンクレジットは透明性が高く、定量化可能なものとなり、IMPTは業界で最も信頼できるプラットフォームの1つとなる可能性を秘めています。

なぜIMPTが次の1000倍銘柄になるのか?

IMPT.ioのカーボンクレジット取得方法は3つあります。

  • IMPT.io からカーボンクレジットの直接購入。
  • IMPT.io は、10,000 以上の主要ブランドと提携。小売業者から商品を購入してIMPTトークンを獲得し、それをカーボンクレジットに変換できます。
  • 企業がカーボンオフセットしたい場合は、その店舗をIMPT.io に接続。特定の売上マージンを割り当て、カーボンオフセットプロジェクトに使用することができます。

そしてカーボンクレジットを取得した後、ユーザーは認定された環境団体のリストを閲覧し、1トン分のカーボンをオフセットする団体を選択するのです。このシステムは、従来のカーボンオフセットよりもはるかに便利で安全です。このように、IMPTは、今後大きな成長が見込まれるカーボンオフセットのためのプラットフォームとなる可能性があります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. Calvaria – 手数料が安価のP2Eブロックチェーンゲーム

Calvariaは、プレイヤーとエコシステム参加者に$RIAと$eRIAという2つの暗号資産で報酬を提供する新しいPlay to Earnカードゲームです。eRIAトークンは、トーナメントで勝利したプレイヤーへの報酬として使用されます。また、プレイヤーはeRIAを使用して、同じ強さのカードを組み合わせることで、より高いレベルの新しいカードを入手することができます。

Calvaria: Duels of Eternityで使用する各カードは、闇の世界から登場した3Dキャラクターを表していて、ユニークなストーリー性があるのが特徴です。また、ゲーム内には3つの都市が存在し、キャラクターそれぞれに特性があるのも見どころとなっています。

Calvaria内のバトルカードは全てNFTになっていて、プレイヤーは獲得したカードを完全に所有できる権利を持つことができます。さらに、ゲーム内にはプレイヤー同士がカードを売買できるP2Pマーケットが組み込まれています。

なぜ、Calvariaが次の1000倍銘柄になるのか?

Calvariaはかなり戦略に基づいたゲームなので、プレイヤーは勝つために必ずしも強いデッキを揃えている必要がありません。Calvariaは、Gods Unchainedや、Spellfire、Splinterlandsなど、他のP2Eゲームとの類似点がいくつかありますが、それと同時にCalvariaにはこれらのゲームにはない機能もいくつか取り揃えています。

Calvariaの特徴の1つに、無料でプレイできるという点が挙げられます。つまり、RIAトークンやNFTを買わずに、誰でもCalvariaに参加してスターターデッキを受け取ることが可能です。更に新規プレイヤーは、仮想通貨ウォレットすらなくてもCalvariaに参加できるので、仮想通貨ゲームの世界に慣れていないカードプレイヤーでも始めやすい環境となっています。

もう1つ押さえておきたい重要な点として、Calvariaは独自のDAOがあるということが挙げられます。これにより、RIAを所有するプレイヤーはDAOで投票を行い、Calvariaの将来を決めることができます。つまりプレイヤーは、今後のゲームの発展をコントロールできるというかなり重要な役割を担うことができるのです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

5. Tamadoge – OKXに上場した新しいミームコイン

TAMA logo

DogecoinやShiba Inuなどの人気ミームトークンは、成功を収めることができましたが、最近、ユーザーに実用性を提供するミームトークンが増えてきています。Tamadogeはマルチユーティリティトークンであり、将来性のある暗号資産の一つであると考えられています。

Tamadogeのプレセールは当初、2022年の第4四半期まで実施される予定でしたが、仮想通貨市場の状況が不安定でビットコインが暴落する中、8週間弱で完売し、合計で1900万USDTの目標値を達成し、プレセールを終了しました。

それが、ヤフーファイナンスの目に留まり、その有用性と魅力的なユースケースが評価されたのです。

なぜ、Tamadogeが次の1000倍銘柄になるのか?

Tamadogeは、いわゆるミームコインとは異なり、実際の利用を想定して設計されています。仮想ペット「Tamadoge」が登場するゲームプラットフォームのネイティブ通貨として機能します。Tamadogeのオーナーは、Tamadogeを鋳造し、繁殖させ、バトルさせてレベルアップさせることができます。Tamadogeは、その他のP2Eゲームの失敗から教訓を得て、Play-to-Earnを楽しめるように設計されています。

9月27日、世界最大級の仮想通貨取引所OKXにTamadogeが上場することを発表しました。

OKXは、TamadogeのTAMAトークンがスポット市場に上場したことを発表します。

Tamadoge(TAMA)は、Tamaverseのゲートウェイ・トークンです。メタバースにおいて、Tamadogeペットを鋳造、繁殖、バトルさせることができるようになります。Tamadogeは、誰もが好きな犬を鋳造できるようになり、ユーザーは自分のTamadoge NFTを繁殖、トレーニング、戦闘させて、毎月リーダーボードのトップに立つことを目標にします。いずれは、拡張現実(AR)体験も可能になり、NFTを用いてTamaverseの仲間たちと一緒に遊べるようになる予定です。

  • 資産名:Tamadoge
  • ティッカーシンボル:TAMA
  • コントラクトアドレス: 0x12b6893cE26Ea6341919FE289212ef77e51688c8
  • 総供給量2,000,000,000

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

6. Battle Infinity (IBAT) – 革新的なメタバースゲームを搭載した新しい仮想通貨

Battle Infinity

暗号資産の未来は、魅力的なPlay-to-Earn(P2E)要素に満ちたメタバースベースのエコシステムになる可能性があります。Battle Infinityは、すでにCoinSniper社によってKYC検証されています。このメタバース内では、ユーザーは自分のアバターを作成し、Battle Infinityのゲームに参加することで多額の報酬を得ることができます。

投資家がBattle Infinityという仮想通貨が伸びると考える主な理由の1つは、IBATが提供できる潜在的なリターンです。新しい仮想通貨プロジェクトにおいて初期段階で購入すれば、トークンは最も下落リスクが少なく、最も利益を享受できる傾向があります。

その後、コインが主要な中央集権型取引所であるCEX(例:Binance)に上場すると仮定すれば、かなりのリターンを得られる可能性があります。

Battle Infinityは、ユーザーが収入を得るためのさまざまな方法を提供しており、最高のPlay to Earnゲームの1 つになる素質を備えています。中でもIBATプレミアリーグは、スポーツファンがファンタジーチームを結成し、選手の実際の成績に応じてポイントを獲得できる魅力的なものです。

なぜ、Battle Infinityが次の1000倍銘柄になるのか?

最高得点を獲得したチームには、IBAT建ての報酬が与えられます。また、IBATはBattle Swap機能により他のトークンと交換することができるため、ゲーム内の報酬を現実の商品やサービスの購入資金に充当することも可能です。

NFT市場はここ数カ月で沈静化しましたが、これらの資産には、ブロックチェーンベースのゲームに不可欠なさまざまなユースケースがあります。Battle Infinityのゲーム内アセットはすべてNFTとして構成されており、ユーザーは完全に所有権を保持することになります。これはまた、Battle Marketを通じて取引できることを意味しており、所有者はNFTの価値の上昇から利益を得ることができます。

最後に、Battle Infinityのファンタジースポーツリーグは、ブロックチェーンゲームに関わることに興味を持つスポーツファンに魅力的でしょう。スポーツとその選手について深い知識を持つプレイヤーは、チームを作ってリーグに参加することで、収益化することができます。選手はNFTとして構成されているため、ゲームで成功することによって報酬を得られる一方、現実世界のパフォーマンスによって価格上昇の恩恵を受ける余地があります。

IBATはBattle Infinityのネイティブトークンで、エコシステムが円滑に機能するためのキーとなります。このBEP-20トークンは、報酬の分配、取引、ステーキングに使用されますが、仮想世界のビルボードの広告スペースを購入するために使用することも可能です。これらの特徴を持ち合わせているIBATは今年リリースされるおすすめのアルトコインの1つになりそうです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

7. Lucky Block (LBLOCK) – Web 3.0プラットフォームで今すぐ収益を獲得可能なプロジェクト

LBLOCK logo

Lucky Blockは新しい仮想通貨ゲームプラットフォームで、特に現在の宝くじの透明性と信頼の欠如を解決することによって、懸賞、景品、Play to Earnのゲームに関する3,300億ドルのグローバル産業に革命をもたらすことを目的としています。Web 3.0の分散型ネットワークの力を応用して中央集権的な運営者の支配を打破することが、Lucky Blockの将来の計画です。

最も過小評価されている仮想通貨の一つであり、仮想通貨冬の時代に購入するトークンとしてはもっともオススメな銘柄です。Lucky Blockはバイナンススマートチェーンの力を活用し、より公正で透明性の高いプロセスを提供しています。Lucky Blockのプラットフォームはブロックチェーン上で運用されているため、発生したすべての取引は公開台帳を通して見ることができます。これにより、不正が発生する可能性を低減(除去)するだけでなく、コンペティションの勝者が明確であることを保証してくれます。

なぜ、Lucky Blockが次の1000倍銘柄になるのか?

LBLOCKのPancakeSwapへの上場後の数週間で見せた大幅な価格上昇は、さらなる取引所上場への道を開いたと言えるでしょう。Lucky Blockの開発チームは、Binance、crypto.com、最高の仮想通貨取引所への上場申請に照準を定めています。

Lucky Blockという仮想通貨が伸びるもう一つの理由は、開発チームの優れたロードマップと、最高のステーキングコインの1つとしての強い存在感です。ロードマップはLucky Blockのウェブサイトで紹介されており、Lucky Blockグッズの発売や大規模な資金調達イベントの開催など、数々の魅力的なプランが詳述されています。また、将来的にはメタバースへの組み入れも計画されています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

8. DeFi Coin (DEFC) – Pancakeswap(DEX)に対抗する分散型取引所

DEFC logo

Defi Coinは、現在最も過小評価されている仮想通貨の1つです。Defi Coinは当初2021年5月にローンチされましたが、革新的な新しい分散型取引所DeFi Swapの待望のローンチにより、ここ数週間で注目されるようになりました。Defi Coinはこの取引所と密接に関係しているだけでなく、報酬獲得の可能性もあり、将来性のある暗号資産となる可能性があります。

多くの市場関係者は、分散型取引所(DEX)がいずれBinanceやCoinbaseのような中央集権型のプラットフォームに取って代わると考えているようです。

なぜ、Defi Coinが次の1000倍銘柄になるのか?

仮想通貨が分散型であるならば、交換プロセスも分散型であることが理にかなっているのです。

  • DeFi Swapは、革新的かつシンプルなプラットフォームにより、ユーザーが仲介業者を通さずに仮想通貨を交換することを可能にします。
  • その代わり、すべてのスワップは、基盤となるスマートコントラクトによって実行されます。
  • しかし、DEXはまだ発展途上であり、特に取引量は中央集権型取引所と比較しても非常に少ないということに注意が必要です。

しかし、これはメリットでもあり、業界がまだ若いうちにDeFi Swapのような新進気鋭のDEXに触れることができるのです。そして、ひいてはDeFi Swapが成長し続けることで、DeFi Coinの価値にも大きな好影響を与える可能性があるのです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

9. OKB – OKXが発行するユニークな仮想通貨

OKBは、私たちが注目する暗号資産です。長期的な成長という点では、トップクラスのデジタル資産です。

OKBは、グローバルに運営されているおすすめの仮想通貨取引所およびNFTマーケットプレイスであるOKXが発行する独自の仮想通貨です。

OKBは今後数年で1000倍

OKBはイーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術を用いて発行された「ERC-20」と呼ばれるトークン規格のユーティリティトークンとなっており、OKX関連の様々なサービスでOKBが利用されています。

最も一般的な利用方法は「OKXでの取引手数料支払い手段」となっているため、OKBは”取引所トークン”とも言われていますが、OKBは取引所以外でも使用されており、一部のオンラインサービスなどでは”支払い手段”としてもOKBが採用されています。

また、OKBは日本居住者向けの暗号資産取引所である「OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)」でも2021年6月30日から取扱いが開始される予定となっています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

10. Binance Coin(BNB) – 1000倍仮想通貨銘柄

Binance Coinは、世界で最も取引量の多い仮想通貨取引所のネイティブトークンで、設立以来、ビットコインとの相対的なパフォーマンスにおいて、最も急速に成長している仮想通貨です。

下図のBNB/BTCチャートは、あらゆる仮想通貨の中で最も強い形となっています。つまり、2022年における仮想通貨全体の弱気相場の影響を全く受けていないのです。BNBを保有することは、カジノゲームでハウスに賭けることに似ています。仮想通貨が存在する限り、Binance取引所は存在し、そのネイティブコインBNBはその価値を保持し続けます。

Binance Coin(BNB)

BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏(以下、CZ)は、現在、世界で19番目の富豪であり、純資産は650億ドル(約6.8兆円)です。

Binance Coinは、Binanceの取引プラットフォームで手数料を支払うために使用される仮想通貨で、手数料を割り引く仕組みの見返りとして、シンプルな実用性からCoinMarketCapで5位、ステーブルコインのTetherとUSD Coinを除けば3位の暗号資産になっています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

暗号資産の始め方

暗号資産投資の始め方をわかりやすく4つのステップで解説します。

  • ステップ1:ポテンシャルの高い仮想通貨のプレセールを探す
    2022年を通して仮想通貨市場の各通貨が苦戦する中、仮想通貨のプレセールは比較的低いエントリー価格である上、上昇の余地が大きいため、初期の段階で投資をしたトレーダーに大きなリターンをもたらす可能性があります。
  • 🔎 ステップ2:今、投資を始めるべき人気の仮想通貨プロジェクトをリサーチする
    市場には多くの新しいプレセールが実施されていますが、中には詐欺のものもあれば、Dash 2 Tradeのように合法的でROIの高いものもあります。
  • 💳ステップ3:仮想通貨ウォレットのダウンロード
    MetaMaskやTrust Walletなどの仮想通貨ウォレットをダウンロードし、選んだプロジェクトのプレセールサイトに接続します。
  • 🛒 ステップ4:仮想通貨トークンを購入
    最後に、画面の手順に従い、ETHまたはUSDT、そして選択したプレセールトークンを購入します。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

暗号資産って何?わかりやすい暗号資産の仕組み

暗号資産は、電子的に転送、保存、または取引可能なデジタル資産です。これには、非代替性トークン(NFT)も含まれます。

暗号資産は、デジタルデータの保護に暗号技術を、取引の記録に分散型台帳技術を使用しています。暗号資産は、独自のブロックチェーン上で動作する場合と、イーサリアムなどの既存のプラットフォームを使用する場合があります。ブロックチェーンは、暗号化された取引の記録を保存するために使用される安全なデジタル台帳の一形態です。

暗号資産は一般的に、中央銀行、当局、政府から独立して運営されています。しかし、暗号資産を含む取引は、一般の資産と同じ税法が適用されます。暗号資産には特別な税法上の規則はありません。税法上の扱いは、資産の取得、保有、処分の方法によって異なります。

暗号資産の種類(暗号資産と仮想通貨の違い)

暗号資産と仮想通貨の違いを理解するために、よくある暗号資産の種類をいくつかご紹介します。

仮想通貨

仮想通貨は、デジタル通貨または交換媒体の一つです。製品やサービスの購入、または暗号資産取引プラットフォーム(CTP)での取引など、投機的な目的で使用されることもあります。

仮想通貨には固有の価値はなく、その価値は主に市場の需要と供給に基づいて決定されます。例えば、ビットコインイーサリアムドージコイン、日本の仮想通貨であればモナコインジャスミーコインなどがあります。

暗号資産の種類(暗号資産と仮想通貨の違い)

仮想通貨トークン

暗号トークンは、仮想通貨トークンまたは仮想通貨のデノミネーションです。独自のブロックチェーン上に存在する取引可能な資産またはユーティリティを表し、保有者はそれを投資または経済目的で使用することができます。

暗号化トークンは、投資家の持分を表すことも、法定通貨のように経済的な目的を果たすこともできます。つまり、トークン保有者はトークンを使って買い物をしたり、他の証券と同じようにトークンを取引して利益を得たりすることができるのです。

ユーティリティトークン

ユーティリティトークンは、分散型台帳やブロックチェーンプラットフォームを利用して、特定の製品やサービスへのアクセス権を入手したり、特定の製品やサービスの購入に使用したりするものです。製品やサービスの提供者は通常、トークンを発行し、発行者のネットワーク内でのみ使用することができます。

セキュリティトークン

セキュリティトークンは、ICO(Initial Coin Offering)やITO(Initial Token Offering)などのトークン生成イベントで販売またはオークションされます。これらのイベントにより、企業はアイデアやビジネスの資金を調達することができます。

ペイメントトークン

その名の通り、ペイメントトークンは、従来の金融や銀行分野で行われているように、仲介者を介さずにデジタルプラットフォーム上で商品やサービスを売買するために使用されるものです。もちろん、仮想通貨やトークンの大半は、セキュリティであれユーティリティであれ、このカテゴリに属します。しかし、すべてのユーティリティトークンがペイメントトークンになり得るわけではありません。

非代替性トークン(NFT)

NFTは、楽曲、デジタル画像、ビデオなど、有形・無形問わずユニークなオブジェクトの所有権を記録します。「非代替性」とは、トークンが互いに交換できないことを意味し、それぞれがユニークなものであることを意味します。NFTは暗号資産としては比較的新しく、NFTの規制とともに市場は急速に発展しています。最も人気のあるNFTの種類は、アート、音楽、Play to Earnのゲームやブロックチェーンゲームです。

暗号資産関連ファンド

暗号資産ファンド、小規模な流出超だがセンチメントは依然強気。

仮想通貨ファンド

仮想通貨投資ファンドは、自分で直接コインを購入、所有、取引することなく、仮想通貨にアクセスできるものです。

仮想通貨ETF

仮想通貨ETFは、通常のETFと同様に機能しますが、インデックス、セクター、またはコモディティの代わりに、1つまたは複数のデジタルトークンで構成されます。

仮想通貨ETF

ブロックチェーンファンド

ブロックチェーンファンドは、特定の産業や経済分野に投資する他の投資ファンドと似ていますが、ブロックチェーン技術に関連する事業を行う企業のみに投資する点が特徴です。

暗号資産の購入と売却

暗号資産の仕組みについて、さらに詳しく解説します。暗号資産を購入・売却する方法をわかりやすくご紹介します。

暗号資産のプレセール

暗号資産プレセールは、投資家がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の前に暗号資産を購入できる機会を指します。開発チームにとってのプレセールの目的は、ごく初期の段階でプロジェクトをさらに発展させるための資金を調達するか、ICOのローンチにつながる運営資金を調達するかのいずれかです。

投機家がトークンをできるだけ安く手に入れられるプレセールは新しいスタートアップのメインイベントとなりつつあります。Dash 2 Tradeという暗号資産取引プラットフォームのネイティブトークンであるD2Tは、プレセールから3週間足らずで350万ドル以上を集めました。D2Tトークンはプレセールのわずか24時間で50万ドルを調達し、その後5日間で200万ドルを超えました。現時点では、このトークンは今回のプレセールテージで予定されていた5,166,000ドルのうち、4,142,466ドルを調達しています。

暗号資産の購入と売却

プレセールは限られた投資家が割引されたトークンをプロジェクトの初期段階で手に入れることで、優位性を確保できる方法です。Tamadogeのプレセールは当初、2022年の第4四半期まで行われる予定でしたが、暗号資産市場が不安定でBitcoinが暴落する中、8週間弱で完売し、1,900万USDTの全目標を達成しました。

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)は、新しい仮想通貨プロジェクトに資金を集める簡単な方法です。ICOでは、開発者は投資家にトークンを大幅な割引価格で発行し、プロジェクトが市場に出たときに利益を得る機会を与えてくれます。これらのトークンは通常、プロジェクトのパフォーマンスと連動しています。

この意味で、ICO関連の仮想通貨は、開発者と投資家の双方にとってWin-Winのシナリオであると言えます。開発者はプロジェクトのための資金を簡単かつ効果的に入手することができ、投資家は高い可能性を秘めた投資先に低コストでアクセスすることができるのです。

ICOの段階で仮想通貨を購入することで、1000倍の恩恵を受ける可能性が高いといえます。現在市場にある最高のミームコインは、ICOの段階で入った人が最も利益を得ています。

ICOの唯一の欠点は、その多くが詐欺まがいであることです。そのため、仮想通貨に投資する前に、しっかりとしたデューデリジェンスが必要です。

暗号資産取引所

暗号資産取引所は、暗号資産の買い手と売り手を結びつけ、取引や売買を促進するオンラインアプリケーションまたはシステムです。

仮想通貨取引所の中には、ユーザーが暗号資産を売買し、その資産を自分のデジタルウォレットに即座に送信するためのプラットフォームを提供しているところもあれば、取引所が管理するストレージに暗号資産を保管しているところもあります。

取引所のモデルによっては、証券法が適用される場合があり、暗号資産取引所は適切な証券規制当局(複数可)に登録または承認されている必要があります。おすすめの仮想通貨取引所にサインアップする前に、下調べをすることが重要です。

デジタルウォレットとフィジカルウォレット

直接仮想通貨を購入し、暗号資産を受け取ったら、デジタルウォレットまたは物理的なデータ記憶装置に預ける必要があります。

仮想通貨ウォレットは、暗号資産を保管し、商品やサービスの購入、仮想通貨の取引や譲渡などの取引を可能にするオンラインサービスです。デジタルウォレットを単独で管理することができますが、パスワードを忘れたり、誤ってウォレットを削除したり、ハッキングの被害に遭ったりすると、暗号資産へのアクセスを失うリスクがあります。

暗号資産を保管するために設計された物理的なハードウェアデバイスは、しばしば「コールドウォレット」と呼ばれ、インターネットに接続されていないため、暗号資産を安全に保管する方法としてよく利用されます。仮想通貨やその他の暗号資産を大量に保有する予定の人は、コールドウォレットでの保管を検討するとよいでしょう。また、これらのデバイスは、パスワードを記憶し、厳重に保護する必要があります。

暗号資産に対する規制

暗号資産や仮想通貨取引所に関する規制の枠組みは、発展途上であり、進化しています。そのため、購入者、投機家、投資家は、いつ、どのような場合に証券規制が適用されるかについて熟知しておくと良いでしょう。

規制の登録を受けることにより、会社や個人は、リスク管理、情報開示、顧客との誠実かつ公平な取引など、一定の要件を満たす必要があるため、投資家の保護に繋がります。

規制登録は投資家のセキュリティ面を向上させるために存在しますが、会社、仮想通貨取引所または個人が登録されているからと言って、リスクがないわけではありません。仮想通貨やその他の暗号資産に投資、購入、投機する前に、常にそれぞれの機会を評価し、関連する資産とリスクを十分に理解しておいてください。

暗号資産税

暗号資産は暗号取引プラットフォーム上で購入または売却するか、デジタルまたはハードウェアのウォレットから直接入手することができます。さらに、暗号資産を他の暗号資産、フィアット通貨、商品およびサービスと交換またはスワップすることができます。

暗号資産税

一定額以上の収入を得た場合、暗号資産にかかる税金を支払う必要があります。

年間20万円を超える所得は課税対象

労働者として給与所得を得ている方は、暗号資産で20万円を超える所得を得た場合、納税が必要となります。勤務先での年末調整に加え、確定申告が必要です。

学生や専業主婦は年間33万円以上の利益に対して課税されます。

暗号資産で33万円以上稼いだ場合、住民税が必要

この場合、確定申告は必要ありませんが、お住まいの地域の役所にて申告してください。

また、1年間に38万円以上の所得がある場合は所得税が課税されますので、確定申告が必要です。確定申告をすると、その情報が自治体に送られるため、住民税の申告は不要です。

暗号資産のリスク

リスクのない投資はなく、暗号資産は特にそうです。暗号資産を投機、購入、取引する際に損失を被らないという保証はありませんが、損失や詐欺を回避し、暗号資産の仕組みをより理解するために役立つであろう考慮すべき点をいくつかご紹介します。

ボラティリティ

暗号資産の価格チャートは、しばしばメディアやSNSの誇大広告によって煽動され、劇的に上昇、下落することがあります。プレセールの暗号資産は、1000倍になる仮想通貨とみなされ、ボラティリティの大きさを享受するための最良の方法の一つです。

流動性

暗号資産取引プラットフォームで売買する場合、仮想通貨取引所は取引を成立させるのに十分な暗号資産を有していない場合があります。また、任意の暗号資産に対する需要が継続する保証はありません。仮想通貨取引所は、取引を制限または停止できる上、口座への資金供給および引き出しに制限または停止を課すことがあります。

オンラインリスク

暗号資産サービスプロバイダーや仲介業者は、世界のどこにでも存在します。サービスプロバイダーや仲介業者を特定したり、所在地を確認したり、問題があった場合に何らかの対処をすることは困難、あるいは不可能な場合もあります。仮想通貨を始めるには、OKXやBinanceのようなよく知られたプロバイダーを利用するのが良いでしょう。

暗号資産の未来

過去数年間で、暗号資産は数兆ドル規模の市場になりました。記事執筆時点で、時価総額は現在約9,700億米ドルです。ビットコイン、イーサリアム、テザーからなる上位3つの暗号資産は、合わせて約6230億米ドルに相当します。

世界の暗号資産市場は、ピアツーピア決済、小売、取引、電子商取引、分散型金融など、さまざまな用途を備えており、新しい革新的なソリューションが日々開発されています。調査会社IMARC Group社の暗号資産市場レポートによると、2027年の時価総額は32兆米ドルの値に達すると予想されています。他の予測も同様の潜在的な成長を示唆しています。

その上、MiCAなどの今後の法整備により、暗号資産市場はより成熟したものになると予想されます。これは特に従来の機関投資家にとって重要なことで、機関投資家はより計算された、信頼できる、リスク責任のあるアプローチを設定することができるようになります。

NFTの将来性

NFT(非代替性トークン)は2014年から存在していましたが、この斬新な技術がメインストリームになったのは2021年でした。

NFTは複製不可能な幅広い無形アイテムのデジタル所有権を表し、アメリカン・エキスプレスからグッチまで、セレブや大企業が注目しています。分散型アプリケーションを扱うアプリストア「DappRadar」が収集したデータによると、NFTの総売上高は2020年の9490万ドルから、2021年には250億ドルに達したとのことです。

オンラインリスク

しかし、NFTに将来性があるかどうかについては、依然として議論が続いています。 専門家の間でも意見が分かれており、「バブルだ」と叫ぶ人もいれば、NFTを支える技術(ブロックチェーン技術上のスマートコントラクト)こそが真の価値を提供すると主張する人もいます。一方、クリエイターやアーティストは、これこそが次のマネタイズの形だと主張しています。

NFTは2021年に爆発的な伸びを見せましたが、この伸びは停滞し、2022年は今のところ横ばいになっています。

投資の観点からは、NFTの購入は仮想通貨の購入よりも「リスクが高い」と言えます。なぜなら、NFTは仮想通貨にレバレッジをかけたようなものだからです。

DeFiの将来性

仮想通貨に投資している人なら、”DeFi “という言葉を目にしたことがあるのではないでしょうか。これは「分散型金融」の略で、仮想通貨とブロックチェーン技術を利用した代替金融サービスのオンライン世界を指します。

DeFiは、銀行や金融機関といった従来の仲介業者を「スマートコントラクト」で置き換えます。基本的に、私たちが毎日やりとりして財務を管理している企業は、ソフトウェアに置き換わります。このため、DeFiの空間には報告する中央機関が存在しないのです。

しかし、DeFiはまだ比較的初期段階にあります。インターネットにも黎明期があったのと同じです。やがてDeFiの世界にも、将来性のAmazonやGoogleのような存在が現れるかもしれないと、専門家は語っています。

ブロックチェーンの専門家によれば、DeFiの次の重要なステップはコードのさらなる洗練です。具体的には、より良いコードの作成方法を見つけ出し、すべてを一段と向上させることです。

ビットコインの将来性

仮想通貨ビットコインに将来性はあるのでしょうか。ビットコインは、時価総額が最大の仮想通貨であり、他の市場もその動向に従う傾向があるため、仮想通貨市場全般の良い指標となります。

ビットコインの価格は2021年に乱高下を繰り返し、昨年11月には6万8,000ドルを超えて再び史上最高値を更新しましたが、2022年になると暴落してしまいました。

オンラインリスク

ビットコインと仮想通貨市場は、主に急激なインフレ、不安定な株式市場、金利上昇、不況懸念によって引き起こされた継続的なマクロ経済の不確実性の中で、今年は下落し続けています。ビットコインは昨年11月以降、価値の3分の2以上を失い、2022年の最後の四半期には17,500ドルまで落ち込んでいます。ビットコインが底を打ったのかどうかについては、専門家の間でも意見が分かれています。すでに底を打ったと言う人もいれば、2022年にビットコインが1万ドルまで下落する可能性があると言う人もいます。

ビットコインの将来はどうなるのでしょうか。ビットコインにとっては不安定な年となりましたが、専門家は依然として10万ドルを達成する、そしてそれは「もし」ではなく「いつか」の問題であると述べています。そんな中、ビットコインの過去の値動きは、今後何を期待すべきかのヒントを与えてくれるかもしれません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨資産はどこで購入すべき?

暗号資産を購入、取引、獲得するための包括的なマーケットプレイスはこちらがおすすめです。

OKX:暗号資産を購入、取引、獲得するためのワンストップマーケットプレイス

OKX Logo

OKXは、仮想通貨と一連のサービスを提供する暗号資産取引所です。OKXのアカウントがあれば、カード、銀行口座、モバイルウォレットを使用して簡単に暗号資産を購入することができます。また、ステーキングや預入機能を利用すると、場合によっては非常に高い利回りを得ることができます。

おすすめの仮想通貨取引所であるOKXは、180以上の地域で幅広い暗号資産とサービスをサポートしています。もし1つの取引所で複数の仮想通貨を管理したいと考えているなら、OKXはユーザーのニーズを満たすことができるでしょう。

OKXを使用すると、次のことが可能になります。

  • スポット、マージン、デリバティブ市場で数百のトークンや取引ペアを取引可能
  • Web3ウォレットに接続することでDeFiポートフォリオを管理し、すべての分散型資産を一箇所で整理することが可能
  • NFTマーケットプレイスでNFTを鋳造、購入、販売が可能
  • DeFiやブロックチェーンゲームDAppsなど、トップクラスの分散型アプリを発見可能
  • OKXアプリまたはブラウザ拡張機能により、オールインワンWeb3ウォレットでDeFiに接続可能
  • OKXのマイニングプールで暗号資産投資を稼いだり、暗号担保融資を受けたり、OKX Earnで暗号資産を増やす様々な方法を見つけることが可能

仮想通貨資産はどこで購入すべき?

仮想通貨取引所OKX

OKXは、日本のユーザーがビットコインやその他の暗号資産を取引できるよう、ピアツーピア(P2P)サービスを通じて、スポット、マージン、先物取引、永久取引、オプション取引などの高度なデリバティブ市場、およびフィアット通貨から仮想通貨へ交換サービスをサポートしています。

OKXマーケットプレイス

OKX NFTマーケットプレイスは、非代替性トークンのあらゆるニーズに対応するワンストップショップです。現在、OKC、イーサリアム、BSC、ポリゴンネットワーク上のNFTをサポートしています。

NFTマーケットプレイスで利用できる暗号資産には、GameFiおよびメタバース資産、デジタルアート作品、デジタルコレクション、音楽が含まれます。2023年の暗号資産ランキングには、最も有望なものが含まれています。

OKXで暗号資産を購入する方法

ここでは、初めてOKXで取引を始める方のために、ステップバイステップでご案内します。

ステップ1:OKXのアカウントにログインする

OKXで仮想通貨の売買を開始する前に、まずOKXアカウントにログインする必要があります。これを行うには、OKXのホームページの右上にある[Login]をクリックします。

まだアカウントをお持ちでない方は、[Sign up]をクリックして登録手続きを行ってください。

okx register

ステップ2:購入/売却を選択する

OKXのアカウントにログインしたら、画面左上の[Buy Crypto]をクリックして開始します。

ステップ3:購入方法選択する

次のステップは、仮想通貨の売買方法を選択することです。OKXには2つの主要なオプションがあります。

  1. Express
  2. P2P trade

ここでは、それぞれについてご案内します。

Express

OKXで仮想通貨を購入する最も簡単な方法は、Expressオプションを利用することです。

購入したい仮想通貨と使用したいフィアット通貨を選択するだけです。次に、ご希望の支払方法を選択する前に、ご希望のフィアット通貨または仮想通貨の正しい金額を入力してください。

決済が確認されると、購入した仮想通貨は自動的にOKXアカウントに振り込まれます。

P2P trade

サブメニューの「P2P trade」をクリックすると、P2P取引セクションに移動します。

次に、通貨のドロップダウンメニューをクリックし、希望の通貨を選択します。

Buy」または「Sell」をクリックして利用可能なオファーを確認するか、「Order Book」を選択して利用可能なすべての買いおよび売り注文を確認することができます。

最後に、取引内容を確認するだけです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

暗号資産ランキングのまとめ

仮想通貨がフィアット通貨や他の資産クラスと比較して持つすべての利点を考慮すると、暗号資産の使用や投資に価値がないとは言い切れません。多くの暗号資産が提供する実用性は、高速で安全な取引を重視する多くの人々にとって大きな価値があります。そして、技術的なハードルは低くなり、時間とともにアクセスしやすくなる一方です。分散投資のメリットやインフレヘッジの可能性と合わせると、暗号資産をポートフォリオに加えるメリットはどんどん膨らんでいます。

私たちは、Dash 2 Tradeを今日利用可能な最も有望な暗号資産の1つとして認識しています。暗号資産ランキングには、RobotEra、IMPT、Calvariaなど、検討すべき他の3つの有望なプロジェクトも含まれています

ダッシュ 2 トレード - 次の 100x 暗号

OUR RATING

dash2trade logo
  • アーリー アクセス プレセール ライブ中
  • 暗号分析エコシステムを強化
  • 確かな証拠監査済み、CoinSniper KYC 検証済み
  • 70,000+ メンバーのトレーディング コミュニティ
dash2trade logo

暗号資産に関するよくある質問

暗号資産とは?

暗号資産にはどのようなものがあるの

ステーブルコインとは

おすすめの暗号資産とは

暗号資産の時価総額はいくら

暗号資産を始めるには

暗号資産と仮想通貨はどう違うの

暗号資産に関する税金とは

2023年の暗号資産ランキングは

暗号資産の未来はどうなるのか