LBLOCKは、7月27日に新バージョンのトークンが上場した際、LBank(CEX)で一番の話題となりました。CoinMarketCapによると、その価格は10%上昇しました。

ERC20 V2のLBLOCKは、以前のものと異なり取引に税金がかからないため、CEXでの上場に特化して設計されたといえます。それにより買い圧力が優先となっているようです。

LBankは香港に拠点を置く仮想通貨取引所で、LBLOCKトークンの57,000人の保有者は、USDTで255ドルのプロモーションボーナスがあることから、そのボーナスを使った取引量の増加が見込めます。

過去数ヶ月間、LBankは様々な仮想通貨プロジェクトを上場させてきました。  この取引所ではLucky Blockを当初からのサポートしており、この度V1からV2への移行を完了させました。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

LBLOCK価格予想 – 上昇前ポジション整理か?

Lblock

LuckyBlockは、ジャックポットの懸賞をメインの報酬としてスタートしましたが、現在では「NFTコンペティション・プラットフォーム」へと進化しています。ユーザーは、NFTを購入することで、さまざまな賞品が用意されたコンペティションに参加することができます。

NFTを所有することで、特定の大会に参加できるだけでなく、LBLOCKトークンを運用することも可能になります。

しかし、NFTのプロジェクトの中には、特に社会に影響力を与えようとしている10Kコレクション(10,000個のNFT)など問題視されているものもあります。

実際にNFTマーケットプレイスであるOpenSeaはERC20(イーサリアムのブロックチェーンを利用するトークンに適用される仕様)/BEP20(バイナンス・スマート・チェーン(BSC)トークンに適用される仕様)トークンを使いファーミングできるようなNFTを有価証券として分類しているため、2021年10月にDAO Turtlesを上場廃止にしています。

LBLOCKでは、OpenSeaの代わりにNFT LaunchpadというNFTのマーケットプレイスを利用しているため、この問題は発生していません。

LBLOCKの価格は、当然ながらプロジェクト全体の成功に連動しており、LuckyBlockプラットフォームの健全性を評価する社会的な「温度計」として機能しています。

Lucky Block NFTコンペティションは大盛況

Lucky BlockのNFTコンペティションの開始は、このプロジェクトにとって大きな戦略的転換を意味します。また、V2が終了し、CEXへの上場も予定されていることから、今後は価格面でもサポートされるはずです。

このような背景から、トークンがどのように適切に評価されるべきかについては、様々な評価基準があります。トークンの時価総額は、企業の財務やキャッシュフローの価値と連動すべきと考えるアナリストもいれば、関連するdApps TVL(特定のプロトコルで現在ステークされている資産の数)がより良い指標であると主張するアナリストもいます。

Therefore, if NFTs succeed in attracting public interest beyond the cryptocurrency world, Lucky Block’s future cash flow will be favorable.

Judging by the initial prizes to be offered, which include a house, VIP tickets to the FIFA World Cup, and $1 million worth of Bitcoin, it’s very likely we’ll achieve that goal.

LBLOCK’S NEXT PRICE TARGET

Indeed, LBLOCK’s token value has fallen by about 90% over the past few months, from its high of $0.01 to its current price of $0.001 , but when it comes to a drawdown of this magnitude, it’s not surprising. For a mid-sized market capitalization project like LBLOCK, such a decline is nothing new by industry standards.

It seems quite possible that the market as a whole has bottomed out. ETH is currently up almost 100% from its lows, with most altcoins seeing double- and triple-digit recoveries.

LBLOCK was previously only traded on the Binance Smart Chain decentralized exchange, so the listing on LBank will undoubtedly increase LBLOCK’s exposure.

Listing on LBank, a centralized exchange, will allow more people to trade the token directly in ETH, enabling a significant increase in liquidity.

LBLOCK to be listed on the MEXC exchange on August 1st

However, the reason why LBLOCK continues to attract the attention of many traders is the existence of a pipeline for future exchange listings. The next listing will be on August 1st and will be listed on the MEXC exchange, the world’s 24th largest daily trading volume.

If the market continues to recover, LBLOCK will continue to be bullish.

However, regardless of this news, long-term holders should be quite encouraged that the ecosystem is now open to the world of Ethereum.

A software bridge to exchange the two versions of the coin is expected in the coming weeks. It is currently undergoing testing to confirm its safety.

With a fully diluted market cap of around $100 million, we believe LBLOCK has plenty of room to grow, especially given that ATH (the highest ever) was 10x that amount.

related news


接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます

人気トピック

コンテンツが見つかりません、すぐに確認してください