中国の地図

中国のゼロコロナ政策の終了は、世界的な成長とインフレに影響を与える見込みです。中国経済の再開により景気が急激に回復してくでしょう。

中国は、3年間のコロナの厳格な制限を突然緩和、急速に経済を再開しています。中国本土は海と陸、両方の国境を開放し、ゼロコロナ政策で14億人の中国人をウイルスから守ってきた最後の砦である香港もついに開港しました。

Citiのチーフ・チャイナ・エコノミストであるXiangrong Yu氏は、火曜日のレポートの中でこう述べています。

“市場と政策立案者の目は、中国のポストコロナの回復の強さとその持続性に注がれていると見ています。経済の再開が想定より早くなったため、早期に回復する可能性があるでしょう。”

歴史的な抗議デモの後、大規模なロックダウンを含む移動の制限、厳格な検査等、世界第2位の経済規模に損害を与えるほどの世界で最も厳しかったコロナ規制政策を緩和しました。

中国経済はパンデミックの影響を大きく受けていますが、その混乱は急速に薄れつつあるとの指摘があります。いくつかの指標によると、まもなく感染症のピークは過ぎ、労働者不足は緩和され、市民は再び消費を始めるだろうと見られています。コンサルタント会社のCapital Economics社は、昨年の3%から今年は5.5%の成長を見込むと予想しています。

中国の溜め込んだ消費活動と投資活動の復活は、東アジアと東南アジア全域への中国人観光客の受け入れ再開と、商品輸出企業の利益として、世界的な需要を促進することになります。旅行サイトでの予約の急増は、2019年に総額2,250億ドルに達した中国人観光客による世界的な消費復活の可能性を示しています。世界の輸出の15%を供給している中国は、旺盛な需要と相まって、世界的なサプライチェーンの圧力がかかると思われます。さらに、同国の回復は、金属やエネルギーの輸出企業にも追い風となるでしょう。

しかし、同国の副首相である劉鶴氏はダボス会議の基調講演で次のように述べました。

“我々が努力すれば、2023年の中国の成長率は通常のトレンドに戻る可能性が高く、中国経済は大きく改善されると十分に確信しています。”

需要の高まりは、世界的な価格上昇圧力を強める可能性があります。FTによると、鉄、銅、鉱石、その他中国の不動産セクターに密接な関係のある金属価格は、最近上昇しました。これにより、ヨーロッパでは、エネルギー供給への影響があるかもしれません。S&Pグローバルの最高経営責任者であるDouglas Peterson氏は、次のように述べています。

“貯蓄の余剰、需要の余剰がそれぞれあるため、今年は世界的に純増が見込まれるのと同様に、中国も年後半には堅調な伸びが期待されます。”

昨年、プーチンが主要パイプラインを閉鎖したにもかかわらず、EUは液化天然ガスの輸入を中心にガスの備蓄を積み増しました。中国のLNG需要が復活すれば、価格は上昇し、ガスの獲得競争は激化し、欧州の備蓄は不足することになるでしょう。

中国が描く経済復活の夢

億万長者で、Tron Space社を設立したJustin Sun氏を含むTwitter上の多くの人にとって「中国」は重要な話題となっています。Sun氏は中国経済の再開に拍手を送ると同時に、成長のための長期的なパートナーになることを約束するような様子を見せました。同氏は、公でデジタル資産に関して明確に語ってはいませんが、彼の経歴を考えると、関係していると言えるでしょう。

中国政府の投資と中国の再開は、間違いなく商品価格や世界経済を下支えします。その結果、仮想通貨や株式など、よりリスクに敏感な資産への回帰が促進される可能性があります。アナリストによると、世界的な景気後退が回避され、米ドルが弱くなれば、デジタル資産が大きな勝者となる可能性がある見込みです。