ethereum name service ens

ドットコム時代のネームスクワッティング(ユーザー名乗っ取り)が再燃しているようで、NFT(non-fungible tokens)の最も有名なプラットフォームでの取引量に反映されているように、最近web3ドメイン名の需要が高まっているようです。

こうしたブロックチェーンを活用したドメインを販売する企業で最も人気があるのが、サービス開始以来、50万人以上のユーザーを抱え、200万以上の名前が作成されたレジストリ( システム情報 が 格納 されている データベース)であるEthereum Name Service(ENS)です。

この1週間で、400万ドル以上のENSドメインがOpenSeaで取引され、Bored Ape Yacht Club(BAYC)やMoonbirdsといった最も人気のあるNFTコレクションの取引量を上回りました。

これらのドメインは、仮想通貨領域におけるユーザーエクスペリエンスを向上させるための次のステップと考えられており、複雑な42文字のウォレットアドレスを代替して、より簡単に資産を交換することができます。

ENSのようなサービスは「.eth」のドメイン導入が先行していますが、Unstoppable Domainsのような他のサービスは、「.crypto」、「.dao」、「.bitcoin」のような人気のあるサーバー名を取り込み、その範囲を広げています。

ユーザーがこれらのプラットフォームを通じて人気のあるドメイン名を購入していると言われており、近い将来、企業がそれぞれのブランドを登録するために殺到する可能性があると予想されています。場合によっては、ドメインの合法的な所有権移転のための金銭的な取り決めにつながる可能性もあります。

Amazon.ethが100万ドルの入札を受け、サイバースクワッティングが再来

現在までにENSが購入した最も高額なドメインには、100万ドルの入札があったとされるAmazon.ethをはじめ、Starbucks.ethやSamsung.ethが9万ドルを超える価格で落札されています。

ほとんどのNFTプラットフォームは非親告罪プロトコルであるため、デジタル資産の非中央集権的性質は、ネームスクワッティングに法的に対抗しようとする企業にとって事態を複雑にしている可能性があります。つまり、ユーザーは自分だけがアクセスできるウォレットにドメインの所有権を保持することができ、これによって第三者による資産の差し押さえから保護されるのです。

その結果、web3ドメインが普及し、企業の需要が高まれば、ユーザーが設定したドメイン名の確保に必要な価格を支払わなければならなくなる可能性があります。

こちらもお読みくださいデロイト、DKYCに対するサイバースクワッティング訴訟で敗訴

1990年代後半、企業がインターネット上で存在感を示すための人気のドメイン名を個人が先行して購入するサイバースクワッティングが盛んに行われるようになりました。

1999年、世界知的所有権機関(WIPO)は、商標を所有する組織が現在の所有者に費用を支払うことなくドメインネームを入手することができるプロセスを創設しました。

We3ドメインに投資する方法とは

web3ドメインにアクセスするには、さまざまな方法があります。まず、最も簡単な方法は、LooksRareやOpenSeaなどのNFTマーケットプレイスを使ってドメインを直接購入することです。最も収益性の高い取引は、将来的にWeb3で存在を確立したいと考える企業が求める可能性のあるドメイン名を選択することです。

一方、ENSレジストリは、プロトコルの分散型ガバナンス構造を作成するために、そのネイティブトークン「ENS」を立ち上げました。今年これまで、仮想通貨の冬が市場全体を後退させたため、ENSの価値は61%以上下落しています。

しかし、Web3ドメイン名が徐々に人気商品となっていることから、この3ヶ月間でトークンの価値は1コインあたり8.2ドルから15.4ドルへとほぼ倍増しています。

今後、サービスの人気が高まり続ければ、プロトコルを継続的に改善していくための提案が可能で、プロジェクトに参加したいと考える投資家が増え、そのネイティブトークンの価値も上昇する可能性があるのです。

ENSトークンの最大供給数は1億で、現在約2000万ENSが流通しています。提案が実現されるには、10万以上のトークンの支持を得る必要があります。


人気トピック

コンテンツが見つかりません、すぐに確認してください