Lucky Blockは10億ドルの時価総額を目標としており、今後いくつかの取引所への上場が予定されていますが、これらはトークンのアクセス性を高め、需要と流動性を増加させるため、大幅な価格上昇につながる可能性があります。

Lucky BlockのERC20トークンは、すでにLBankで取引されており、価格への影響はすぐに現れました。

CEX上場でLucky Blockは10億円まで駆け上がるか?

LBLOCKは、7月27日に新バージョンのトークンが上場した際、LBank(CEX)で一番の話題となりました。CoinMarketCapによると、その価格は10%上昇しました。

ERC20 V2のLBLOCKは、以前のものと異なり取引が非課税のため、CEXでの上場に特化してアップデートされたといえます。それにより上昇基調となっているようです。

LBankは香港に拠点を置く仮想通貨取引所で、LBLOCKトークンの57,000人の保有者は、USDTで255ドルのプロモーションボーナスを受け取ることができることから、そのボーナスを使った取引量の増加が見込めます。

過去数ヶ月間、LBankは様々な仮想通貨プロジェクトを上場させてきました。その中でもLucky Blockを当初から支援してきており、この度V1からV2への移行も同様にサポートしました。

MEXCの上場は8月1日に決定

しかし、LBLOCKが多くのトレーダーの注目を集め続けるのは、今後の取引所上場に向けた期待にほかなりません。次の上場は8月1日で、1日の取引量が世界で24番目に大きいMEXC取引所に上場する予定です。

仮想通貨市場の回復が続けば、LBLOCKは今後も明るい見通しが続くでしょう。

長期で保有している投資家は、今回のバージョンアップにより、エコシステムがイーサリアムの世界に繋がったことで相当安心したことでしょう。

2つのバージョンのコインを交換するためのソフトウェア・ブリッジが数週間以内に登場する予定で、安全性を確認するためのテストが行われています。

完全希薄化後時価総額は約1億ドルであり、特にATH(これまでの最高値)がその10倍であったことを考えると、LBLOCKの成長余地は十分にあると考えられます。

LBLOCK価格予想 – 上昇前のポジション調整中

Lucky Block

LuckyBlockは、ジャックポットの賞金をメインとしてスタートしましたが、現在では「NFTコンペティション・プラットフォーム」へと進化しています。ユーザーは、NFTを購入することで、さまざまな賞品が用意されたコンペティションに参加することができます。

また、NFTを所有することで、特定のコンペティションに参加できるだけでなく、LBLOCKトークンを運用することも可能になります。

しかし、NFTのプロジェクトの中には、特に社会に影響力を与えようとしている10Kコレクション(10,000個のNFT)など問題視されているものもあります。

実際にNFTマーケットプレイスであるOpenSeaはERC20(イーサリアムのブロックチェーンを利用するトークンに適用される仕様)/BEP20(バイナンス・スマート・チェーン(BSC)トークンに適用される仕様)トークンを使いファーミングできるようなNFTを有価証券として分類しているため、2021年10月にDAO Turtlesを上場廃止にしています。

LBLOCKでは、OpenSeaの代わりにNFT LaunchpadというNFTのマーケットプレイスを利用しているため、この問題は発生していません。

LBLOCKの価格は、当然ながらプロジェクト全体の成功に連動しており、LuckyBlockプラットフォームの健全性を評価する社会的な「温度計」として機能しています。

Lucky Block NFTコンペティションの注目度は高い

Lucky BlockのNFTコンペティションの開始は、このプロジェクトにとって大きな戦略的転換を意味します。また、V2へのアップデートが完了し、CEXへの上場も予定されていることから、今後は価格面でも反映されていく見込みです。

トークンがどのように適切に評価されるべきかについては、様々な評価基準があります。トークンの時価総額は、企業の財務やキャッシュフローの価値と連動すべきと考えるアナリストもいれば、関連するdApps TVL(特定のプロトコルで現在ステークされている資産の数)がしかるべき指標であると主張するアナリストもいます。

そのため、NFTが仮想通貨の世界を超えた大衆の興味を引くことに成功すれば、Lucky Blockの将来的なキャッシュフローは良好になると考えられます。

不動産やFIFAワールドカップのVIPチケット、100万ドル相当のビットコインなど、賞品群から判断すると、その目的を達成する可能性は非常に高いと言えるでしょう。

LBLOCKの価格はどこまで行くのか?

最近のニュースは、Lucky Blockにとって極めてポジティブなものです。なぜなら、CEXの上場は、このコインが発売された当初から目標とされていたからです。Lucky BlockのV2により、多くのホルダーの願いが今、現実のものとなりつつあるようです。LBankのV2サポートとMEXC上場はその始まりで、近い将来、さらなるCEXへの上場が待っていることでしょう。

Lucky BlockのCEOであるスコット・ライダーは、7月と8月の上場の結果、かなりの流動性が見込まれるとしています。

仮想通貨に対するセンチメントが改善された場合、Lucky Blockはさらなる価格上昇をもたらす可能性があります。

買い手は、LBLOCK価格が0.002300ドルのレジスタンスにチャレンジすることを期待しています。そのレベルを明確に超えてきた場合、上昇軌道に乗る可能性が高いと思われます。

価格予想には、仮想通貨市場の状況など外部要因を考慮する必要があります。

しかし、市場の全般的な弱さにもかかわらず、LBLOCKは強いファンダメンタルズ、プロダクトに関するニュース、上場予定の取引所等の情報により、今後夏の数週間、話題の仮想通貨の一角となることでしょう。

関連ニュース


接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます

人気トピック

コンテンツが見つかりません、すぐに確認してください