Crypto Prices

仮想通貨が最近上昇基調になっている理由はたくさんありますが、特に、世界中の政府がさらなる極端な量的緩和に乗り出す可能性がある点です。金利が上昇しているにもかかわらず、予想通りカンティヨン効果(マネーサプライの変化による相対価格の変化のこと)への誘惑が強すぎるようで、この社会の危機に際して、政治家は金融緩和へ向けて常にさらなる要求をしています。

仮想通貨の価格はすでに底を打った可能性がある

仮想通貨市場はすでに底を打っており、業界に対しての弱気な見通しが、これ以上懸念されるものではないと考えています。

特にビットコインは、リスクオフ資産として扱われる可能性があり、市場の下落幅が拡大しても、ビットコイン価格は今後数ヶ月から数年にわたりプラスで推移し、上昇する可能性があることを意味しています。

これまでのサイクルでは、ピークかボトムまでの期間は約1年であり、すでに底打ちしているか、間もなく底打ちすることを意味しています。このサイクルが標準から外れないと仮定すれば、さらなるブラックスワン現象がない限り、2022年末には市場は底打ちすると予想されます。

ビットコインは安全な資産

ビットコインを他の人気資産と比較すると、長期的な可能性という点では明らかに勝っています。

かつてSegwitやTaprootが導入されたように、今後ビットコインのアップグレードが行われるかもしれませんが、これらのアップグレードは議論を呼ぶことはないでしょう。

不動産や株式などの資産と比較すると、ビットコインは信じられないほどシンプルで、プルーフオブワークに高い信頼性を持つことができます。また価格は変動しやすい傾向がありますが、それはまだ市場が飽和していない新しい資産であるため仕方のないことです。

規制の明確化が進む

仮想通貨は比較的規制の少ない分野だと思われるかもしれませんが、実際には何が合法で何がそうでないのか、非常に厳格で明確なルールが存在するのです。

しかし、トレンドは依然として、規制をさらに厳しくする動きのようで、今後のイノベーションをいくらか抑制することになりますが、コインやトークンがさらなる価値を提供することも可能になるでしょう。

ビットコインを法定通貨に採用する国が増加

今のところ、ビットコインを法定通貨に採用している国は、スイスのルガノ州と並んで、エルサルバドルと中央アフリカ共和国がビットコインを法定通貨と宣言しています。

この流れは非常に明確で、今後さらにビットコインを導入する国が増えそうです。

ホンジュラスとグアテマラがその可能性を探っていると噂されていますが、中央銀行のデジタル通貨よりもビットコインの方が多くの人にとって魅力的であることから、より大きな国もいずれは検討しなければならないものでしょう。

今後数年間は、地政学的な変化が多く起こるでしょう。習近平は2030年までに世界を支配することを使命とし、WEF(世界経済フォーラム)は2030年までに何を達成したいかという独自のアジェンダを持っています。

仮想通貨の成長は直線的ではなく指数関数的であることが多いため、世界の超大国の状態が変化することで、仮想通貨の価格がさらに上昇することは必然的です。ビットコインは金よりも価値があり、債券市場の多くを置き換えるかもしれないと予想されるかもしれません。そうであれば、今後数年間の仮想通貨の価格は、放物線状に上昇する余地が十分にあります。


人気トピック

コンテンツが見つかりません、すぐに確認してください