イーサリアムのイメージ

クリスマスが明けたイーサリアム市場ですが、ETH/USDペアの先行きは依然として不透明で、現在は1200〜1230ドル近辺で推移しています。最近のイーサリアム(ETH)は、小幅な値動きで取引されており、ビットコインやイーサリアムなどの主要な暗号通貨銘柄でさえも大きな動きはありませんでした。

ビットコイン(BTC)は16,000ドル台、イーサリアム(ETH)は1200ドル台をそれぞれ維持しています。DOGECOIN(DOGE)やソラナ(SOL)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)などもまた、上下入り混ざった値動きとなっています。

中国におけるコロナ感染拡大を受け、リスクオフムードが続いており、今後のマーケットは地政学的リスクとファンダメンタルズなどマクロ的要因を中心に不安定な相場が予想されます。

また、先月の仮想通貨取引所FTXの破綻が市場に大きな影響を及ぼしています。米商品先物取引委員会は(CFTC)は、破産した仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマンフリード氏を、詐欺などの8つの容疑で起訴しました。

このように多くのネガティブなニュースが要因で、仮想通貨市場全体で停滞した動きを見せています。

本稿執筆時点でイーサリアムの価格は1218ドルをつけ、直近24時間の取引高は40億ドルでした。過去24時間で1%の上昇を見せています。イーサリアムの時価評価額は1490億ドルで、市場で第2位の価値をつけています。

12月26日のイーサリアムチャート

ブルームバーグストラテジスト、イーサリアムの上昇を予想

しかし、イーサリアム(ETH)が今後下落トレンドから反転しそうな気配があります。ブルームバーグのストラテジスト Mike McGlone氏によると、世界第2位の規模を誇るイーサリアムが今後の強気相場ではビットコインを上回り、10,000ドル台を目指す可能性があると指摘しているのです。

同氏は、ビットコインや他のリスク資産に比べはるかに優れた強さを示しており、今後アウトパフォームをし続ける最初の仮想通貨になるのではないかと予想しています。

今後のプレセール情報

イーサリアムの現在の値動きは小幅ですが、前述のように2023年からは反転し、今後上昇トレンドが発生する予測もあります。ただ、今後のファンダメンタルズに期待して待っているだけでなく、短期的にハイリターンを上げる方法があります。有望な銘柄にプレセールという早期の段階から投資をしておくことです。以下では、おすすめの上場前の仮想通貨、プレセール情報をお知らせします。

FightOut (FGHT)

FightOut アプリ app

FightOut(FGHT)は、ユニークなMove-to-Earnプロジェクトです。ユーザーや投資家は、ボクシングやウェイトリフティング、ヨガなどのスポーツ活動を通じて報酬を獲得することができます。FightOutはイーサリアムをベースにし、来年の第2四半期にローンチする予定です。自社オリジナルのジムを最大20店舗直営し、その他多くのフランチャイズで店舗化を拡大していく予定です。

先週始まったばかりのプレセールでは、すでに230万ドル以上の資金を調達しており、1ドルあたり60.06FGHTを購入することができます。今後、価格が上昇する可能性もありますので、興味のある投資家は早めに購入することをオススメします。

Dash 2 Trade (D2T)

Dash 2 Trade

Dash 2 Tradeもまた、イーサリアムをベースにしたおすすめアルトコインです。Dash 2 Tradeでは、リアルタイムの統計データやソーシャルトレーディング情報などを提供し、ダッシュボードは2023年の第1四半期にデビューする予定です。トレード経験歴を問わず、誰でもビットコインなどボラティリティの高い仮想通貨市場で利益を上げられるよう、充実した機能を提供します。トレーディングシグナルやオンチェーン分析、トレード戦略ツールやニュースフィードなどの機能が備わっています。

ネイティブトークンであるD2Tのプレセールでは、すでに1080万ドル以上の資金を調達するのに成功しており、プレセールはあと10日近くで終了します。早期に投資するのであれば、時間ももうありません。

来年1月11日には、LBankやChangelly、Bitmartの3つの取引所に上場することが発表されており、上場後は現在のプレセール以上の価格で取引されることが予想されます。

IMPT

IMPTのロゴ

IMPTは、個人消費者と企業が温室効果ガスなどのカーボンフットプリントの削減を後押しすることを目的としたエコなプロジェクトです。IMPTのプラットフォームを通じて、個人がカーボンクレジットを公明正大な取引で買ったり売ったりすることができます。

先週、IMPTの価格は100%以上上昇しました。さらに、来年2月には本格的にローンチし、カーボンクレジットの取引システムが運用開始となる予定です。

IMPTは、12月28日にBitmart、1月1日にGate.ioにそれぞれ上場することが発表されています。

C+Charge(CCHG)

C+Charge logo ロゴ

CCHGは、電気自動車(EV)のドライバーが車の充電をすることでカーボンクレジットを獲得できる決済プラットフォームを構築しています。C+Chargeは、カーボンクレジットが個人消費者により広がることで、EV普及のさらに後押しをしたいと考えています。

CCHGトークンは、C+Chargeのネットワーク上にあるEV充電ステーションで使用することができ、現在絶賛プレセール中です。1トークンあたり0.013ドルで購入可能ですが、プレセールが進むにつれて最終的には80%価格が上昇する予定です。

関連記事

FightOut - 100倍の成長を見込む次世代のMove to Earn

OUR RATING

FightOutのロゴ
  • LBank LabsとTransakの全面支援!
  • ワークアウトで報酬を稼げる!
  • メタバースでレベルアップとコンテスト実施
  • プレセール中 100万ドル以上の資金調達に成功!
  • 現実世界でのコミュニティと触れ合える
FightOutのロゴ

ダッシュ 2 トレード - 次の 100x 暗号

OUR RATING

dash2trade logo
  • アーリー アクセス プレセール ライブ中
  • 暗号分析エコシステムを強化
  • 確かな証拠監査済み、CoinSniper KYC 検証済み
  • 70,000+ メンバーのトレーディング コミュニティ
dash2trade logo