Calvaria

いま最も注目されているPlay-to-Earn(P2Eゲーム)のバトルカードゲームCalvaria。2022年から実施されていたプレセールはまもなく終了を迎え、目標調達額まで残りたったの20万ドルとなっています。目標資金額に達したらプレセールは最終日を待たずに即座に終了してしまうため、Calvariaへの投資を検討している投資家の方にとってトークンを購入できるチャンスはごくわずかしか残されていません。

Calvariaは2023年にローンチされる新しい仮想通貨プロジェクトで、これまでに287万ドルもの額を調達することに成功しています。ネイティブトークンであるRIAは、プレセール開始当初は1トークンあたり0.01ドルで販売されていましたが、ステージを経るにつれ価格は上昇し、プレセール最終ステージの現在では1トークンあたり0.0325ドルの価格で販売されています。

Calvariaのプレセールは、マイルストーンである目標調達額が307万5000ドルに到達するか、終了日である1月31日になると自動的に終了してしまいます。現在、多くの投資家がこのチャンスを逃すまいとプレセールに殺到しており、RIAトークンの購入がさらに加速していますので、1月31日の終了日より前にプレセールが終了してしまう可能性は非常に高いです。Calvariaへの投資を検討されている方は、ぜひお早めにRIAを購入しておくことをお勧めします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

プレセール初期に投資していた人は既に大きなリターンをゲット!

RIAトークンをプレセールの初期段階で購入していた投資家は、すでに大きなリターンを得ています。前述のとおり、プレセールの初期段階でRIAの価格は1トークンあたり0.01ドルで販売されていましたが、現在では0.0325ドルに販売価格が引き上げられています。つまり、0.01ドルだったときに購入していた投資家は、すでに225%もの上昇リターンをもうすでに得ていることになるのです。

プレセールのステージ 1トークンあたりの価格 販売トークン量
ステージ1 0.01ドル 3000万トークン
ステージ2 0.015ドル 3000万トークン
ステージ3 0.02ドル 3000万トークン
ステージ4 0.025ドル 3000万トークン
ステージ5 0.0325ドル 3000万トークン
総調達資金額 307万5000ドル 1億5000万トークン

それでもRIAを購入するのに遅すぎるということはありません。P2EゲームやNFTゲームは、仮想通貨業界のなかでもこれから上昇する可能性が非常に高い分野で、特にバトルカードゲームのフォーマットを融合させたCalvariaは業界で高く注目されている銘柄です。プレセール終了後も価格が上昇する可能性は十分あるため、それを考慮するとプレセール最終段階の現在価格0.0325ドルもまだ非常に安い価格にあり、今後大きなリターンを十分に得ることができます。

Calvariaのゲーム画面

最近では“クジラ投資家”と呼ばれる大口投資家が、9万7000ドル相当のRIAトークンを単独で購入していたことが明らかになっており、Calvariaへの注目度の高さが窺えます。今後、RIAが取引所に上場すれば10倍以上の上昇リターンを得ることが十分予想されます。

さらに耳寄り情報が、Calvariaの代表作となるゲームDuels of Eternityのアルファ版が、2023年の第2四半期に発表されることです。ゲームが発表されるとCalvariaへの注目度がさらに高まりますので、価格上昇に大きな影響を及ぼします。

RIAトークンの取引は、CEX取引所(中央集権型取引所)であるBKexに上場する予定になっています。BKexは、世界でもトップ20に入る規模の取引所で、24時間の取引高が6億ドル以上もの量を誇る大型のCEXです(CoinMarketCapによる)。上場時には、現在の0.0325ドルからさらに上昇した価格で取引されることが予想されます。

BKexにCEX取引所デビューを果たしたあとは、トップの中央集権型取引所であるLBankにも上場することになっています。LBankは、香港を拠点とした取引所です。

Calvariaは、Kucoin Walletにサポートされているため、世界第4位の取引規模をほこるCEX取引所のKucoinに上場することも噂されています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Calvariaの魅力 無料版とP2E版が選択できる!

P2Eの新しい仮想通貨ゲームは、暗号資産業界のなかでも特に成功している分野です。Calvariaは、ファンタジー・バトルカードゲームの要素にメタバースゲームなどさらに多くの付加価値を加えた独自の機能を有しているのです。

Calvariaのプロジェクトは、P2Eのメカニズムだけでなく、NFTをバトルカードゲームに取り入れています。それだけでなく、P2E版のほかにも無料版が選択できるようになっているのです。そのため、ユーザーは無料版でゲームだけをお試しプレイすることが可能です。

SplinterlandsやGods Unchainedなどライバルが先行していますが、CalvariaのDuels of Eternityは3Dキャラクターを導入しているため、他の大型ゲーム会社と引けを取らないゲームデザインが大きな魅力となっています。

Calvariaが他のPlay-to-Earnゲームと差別化できている大きな特徴が、ゲームを始めるために仮想通貨のウォレットを接続する必要がないという点です。

プロジェクトチームは、仮想通貨に不慣れだったり、仮想通貨そのものに初心者の方にも楽しんでもらうことを意識しているため、従来のP2Eゲームにあった『ウォレットを接続しないとゲームができない』などの問題点を解決させました。

Calvariaは、プレイヤー対プレイヤーの対戦モードやトークンのステーキング、NFTマーケットプレイスなど独自の機能を搭載しています。さらに、今後は毎月トーナメント形式のコンペティションも実施されるとしています。

詳しい情報に関しては、Duels of EtertnityのプレビューをこちらのYouTube動画で確認できます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

CalvariaのDAOで、プレイヤー・投資家によるプロジェクトへの参画が可能に!

Duels of Eternityはふつうのゲーマーにとっても魅力的なコンテンツですが、モバイル版をローンチしたり、カジュアルなゲーマー層にもっと使いやすいように重きを置いていることから、ゲーム愛好家からの注目度がさらに上がっています。

さらに、ゲーマーだけでなく投資家にとっても魅力的なゲームデザインがDAO(分散型自律組織)です。DAOとは、中央集権的に運営をマネジメントする管理者がおらず、参加者同士で管理する自律組織のことで、ブロックチェーン技術によって不特定多数の市場参加者がプロジェクトのガバナンスに参入しても高い透明性を保つことが可能になりました。そのため、CalvariaのDAOではすべての投資家・ゲーム参加者がプロジェクトのガバナンスに参画することができます。ひいては、ゲーム内資産のマーケットプレイスやスカラーシッププログラム(ゲームのプレイを第三者に依頼し、ゲームで獲得された報酬を不労所得的に得る方法のこと)なども可能になっていることから、このCalvariaのガバナンスシステムや独自のサービスが、投資家だけでなく多くのゲーマーにとっても非常に魅力的なのです。

DAOによって、プレイヤーや投資家はゲームやプラットフォーム開発などプロジェクトに関する重要な事柄についての意思決定プロセスに参加することが可能になります。

さらに、Calvariaは技術的な側面でも優れています。プロジェクトチームは、マルチチェーンを採用しており、ゲーム内の取引機能として優れているPolygon Layer 2プロトコルが取り入れられています。Polygonは、これまでガス代が高いなどの問題が指摘されていたイーサリアムが諸問題を解決するために開発したサイドチェーンで、そのためイーサリアムネットワークをベースにしています。

PolygonのLayer 2を採用しているため、遅延しがちで高額になるオンチェーンアクティビティへの不安が解消され、スムースかつ低価格なゲームのプレイが実現できたのです。

Calvariaのサポーターには、Polygon StudiosやWindVane、Chainplay、NFTbなどがその名を連ねています。

Calvariaのやり方はこちらのリンクからご確認をお願いいたします。

Calvaria 異世界のトレーディングカード系NFTゲーム

OUR RATING

新しいP2EゲームCalvariaメイン画面
  • 10段階で行われるプレセール
  • Play to Earn (P2E)とNFTカードゲームの融合
  • 「死後の世界」をテーマに繰り広げられる魅力的な物語
  • プレセール最終段階では400%以上高騰する可能性大
新しいP2EゲームCalvariaメイン画面