Bitcoin

ここ数日、ビットコインに対する買いの勢力が奮起しています。  ビットコイン価格は幾分回復し、市場に楽観論が戻ってきたように見えます。

ビットコイン価格が22Kドルを超えて上昇する可能性

ビットコインの上昇トレンドは、17Kドルの安値からの転換を示唆しており、今後強気 になると思われます。

ブル相場が市場に戻ってきて、以前と同じように強気のムードが高まっています。

昨年、市場がピークアウトする前、多くの人がビットコイン価格はそう遠くないうちに10万ドルを超えるだろうと強気目線でした。そして、ビットコイン価格は上昇し続け、史上最高値の69Kドルは目標まで31%のところまで来ました。

しかし、ビットコインが再びこのような高みに到達するには、人々が思っているよりもはるかに長い時間がかかるかもしれません。

今のところ、短期的に強気の投機家は、ビットコインが2万ドル以上で推移し、さらに50%以上は後退しないことを望んでいるようです。

ベア相場は終わったのか?

この価格上昇により、多くの人が「弱気相場は終わったかもしれない」「新しい強気サイクルが到来し、仮想通貨が成長するのでは」と考えています。

今のところ、相場の見通しは甘くありません。マクロの視点では安心できる要素は決して多くないのです。

実際、そのような時代が来るとすれば、資産価格がその価値や将来の可能性に基づいて健全に上昇するのではなく、過度の量的緩和によって不換紙幣が下落することによって起こる可能性が高いように思われます。

ビットコインは世界で最もリスクの低い資産である

仮想通貨やビットコインの世界を不動産や株式などの資産と比較すると、はるかにボラティリティが高く、リスクが高いと思われるかもしれません。

経験の浅い人にとっては、このボラティリティは特に不安なものでしょう。ビットコイン市場に参入する際には、取引ではなく投資が歴史的に大きなリターンを提供してきたこと、そしてボラティリティは活力と成長のための代償であることを考慮することが非常に重要です。

どの資産が最も保管・管理しやすいかという点では、ビットコインほどユーザーエクスペリエンスがシンプルで、長期的に保有しやすい資産はないでしょう。

つまり、市場が不透明なときに、ビットコインは常にリスクオン資産として取引されるわけではないのです。  おそらく大多数ではないにせよ、まだ多くの人々は、ファンダメンタルズが歴史上のどの資産よりも安定していることから、すでにビットコインをリスクオフ資産として扱っています。不動産、金、株式、債券などは、将来が予測できず、非常に簡単に下落するものだからです。

Mt.Goxの件はどうか?

もちろん、Mt.Gox(マウントゴックスという国内の仮想通貨取引所)の状況を心配する声も多く、まだ分配されていない14万ビットコインが市場に投下され、さらに価格を引き下げることを懸念しています。

もちろん、これは可能性の話です。Mt.Goxからのビットコインは今後数カ月の間に分配されると思いますが、長年にわたって資産をホドリング(バイアンドホールド戦略)させられてきた人々は、そろそろ利益を得たいという誘惑に駆られるかもしれません。

しかし、投資家は、Mt.Goxの分配が価格に大きな影響を与えないよう実施されることを認識すべきでしょう。

分配は一度に行わず、今後数ヶ月の間に何度かに分けて行われるため、価格の暴落を最小限に抑えることができるはずです。

ビットコイン価格が弱気な値動きをそんなに長くは続けないことを前提とすれば、中期的にはかなり希望が持てると考えています。

しかし、短期的にはビットコイン価格は、不換紙幣の下落以外にさらなる価格上昇の要素はほとんどなく、冬の時代が続いています。


人気トピック

コンテンツが見つかりません、すぐに確認してください