今買うべきアルトコイン3月12日 - SNX, FGHT, CFX, CCHG, OP, METRO, TON, TARO

仮想通貨市場は、強気と弱気の動きを交互に繰り返しながら、冬の時代から回復し始めています。

これは投資家にとって、仮想通貨市場全体が大きく上昇を開始する前に、価値あるコインを購入するチャンスでもあります。

投資家がポートフォリオに加えたくなるような、将来性のある暗号資産をいくつか紹介します。

Synthetix(SNX)

今日買うべき最高のアルトコインは、Synthetixのネイティブトークン、SNXです。このブロックチェーンプラットフォームは、分散型取引所(DEX)であり、合成資産のためのフレームワークです。

Synthetix 価格表

このプロトコルは、Synthetixを通じて、ユーザーが実際に資産を保有することなく、資産にアクセスできるように設定されています。プラットフォームのユーザーは、独自にSynthetixを取引・交換することができ、SNXトークンは、作成された合成資産の担保として利用されます。

執筆時点では、SNXは3.22ドルで取引されており、過去24時間で2.76%の上昇となっています。

テクニカル分析によると、このデジタル資産は強気で推移しています。SNXは50日の短期単純移動平均(SMA)の上で取引されており、相対力指数(RSI)は65.01で、暗号資産が買われ過ぎていないことを示しています。

MACDは、買いを示しています。

Fight Out(FGHT)

Fight OutのネイティブトークンであるFGHTも、本日購入すべきアルトコインのひとつです。

新しいMove to Earnのフィットネスプラットフォーム「Fight Out」では、現実世界での経験や成功に基づいたステータスやスキルを持つ「ソウルバウンド」NFTアバターを使って、様々なゲームで賞金やデジタル資産を競い合うことができます。

FightOut プレセール

このプラットフォームは、誰もがアクティブで健康的なライフスタイルを送れる社会を作ることを理念としており、開発チームはPlay-to-Earn(P2E)ゲームと現実世界の融合を目指しています。

Fight Outには、フィットネスクラスとマスタークラスがあり、トップアスリートを起用し、ユーザーのトレーニングに対するモチベーションを与え、サポートしてくれます。

このビジョンを実現するために、同団体はボクシングや総合格闘技のシーンで活躍するプロアスリートアンバサダーを採用しています。具体的にはボクシングチャンピオンのサバンナ・マーシャルやUFCファイターのアマンダ・リバスを起用しています。

Fight Outエコシステムは、RepsとFGHTという2つのユーティリティトークンを採用しています。REPSは報酬として受け取ることができるアプリ内通貨で、$FGHTはプラットフォームのネイティブトークンです。

ユーザーは、エクササイズで獲得したREPSトークンを使って、アプリ内ストアでアップグレードしたり、アクセサリーを購入したりすることができます。

Fight OutのネイティブトークンであるFGHTは、主にプラットフォームでのサブスクリプション決済の処理に使用されます。この暗号資産は現在、以下のサイトで入手できます。プレセールで、これまでに510万ドル以上の資金を調達しています。

執筆時点では、トークンは0.0610ドルで取引されています。トークンの価値は0.0333ドルで仮想通貨取引所に上場される3月31日まで、7日ごとに徐々に上昇していきますので注意しましょう。

Conflux(CFX)

Confluxは、高いスループット(単位時間あたりに処理できる量)を持つ第1レイヤーのコンセンサスブロックチェーンで、新しいTree-Graphコンセンサスアルゴリズムを使用しています。これを用いてブロックとトランザクションを並行して処理することで、スループットとスケーラビリティを向上させています。

Conflux (CFX) 価格表

このプラットフォームは、中国初のパブリック、規制準拠、パーミッションレスのブロックチェーンです。

このブロックチェーンは、アジア全域で拡大するプロジェクトに独特の優位性を提供し、分散型経済を統合してグローバルDeFiエコシステムを後押します。

執筆時点では、ConfluxのネイティブトークンであるCFXは0.20ドルで取引されています。このデジタル資産は、直近1日で0.52%の上昇が見られました。

テクニカルを見ると、CFXは現在強気です。トークンは短期および長期の移動平均線(MA)の上に位置しており、長期投資としてまだ有効であることを示しています。

RSI値54.20は、トークンが買われ過ぎのゾーンに存在することを示唆しています。MACDは、売りシグナルを示しています。

C+Charge(CCHG)

この環境に優しい人気の仮想通貨プロジェクトは、ピアツーピアの支払いメカニズムとして機能します。それにより電気自動車のドライバーはカーボンクレジットを利用することができます。

C+Charge プレセール

カーボンクレジットとは、二酸化炭素などの温室効果ガスを特定量排出するための許可認可のことです。

温室効果ガス1トンの排出は、1カーボンクレジットに匹敵します。

このプロジェクトの開発チームは、誰もが持続可能な未来を手に入れるためには、電気自動車への早急な切り替えが必要だと考えています。なぜなら、電気自動車(EV)は最も環境に優しい自動車だからです。

EVの販売台数が伸びているにもかかわらず、EVの普及を促進するためのカーボンクレジットの利用頻度が低いのが現状です。

そのためC+Chargeは、カーボンクレジットの民主化に取り組み、EVオーナーが、カーボンクレジット収入を受け取れるよう努力しています。

他の多くの仮想通貨取引所プロジェクトと同様に C+Chargeトークン(CCHG)は、エコシステム全体を活性化させます。ユーザーはより大きなネットワーク活動に参加し、適切なステーションでEV料金を支払うことができます。

プレスリリース時点では、このデジタル資産はわずか数ヶ月で242万ドル以上を調達しており、プレセールは現在第5ステージにあります。

興味のある投資家は、以下の方法で$CCHGを購入することができます。PCのMetamaskウォレット、またはモバイル端末のTrustウォレットで0.018ドルで購入できます。

C+Chargeは、BNBとUSDTに加え、ETHを支払い方法として受け入れるようになりました。また、プロジェクトはプレセールで購入されなかったトークンのバーンを開始しました。

Optimism(OP)

Optimism(OP)は、イーサリアムをベースに構築されたレイヤー2のブロックチェーンです。

ブロックチェーンは、イーサリアムメインネットのセキュリティ機能の恩恵を受けながら、ロールアップを使用してイーサリアムエコシステムを拡張します。

Optimism (OP) 価格表

つまり、トランザクションはOptimistic上ではトラストレス(信頼する第三者が必要ない)で記録されますが、最終的にはイーサリアム上で保護されるのです。

執筆時点では、OptimismのネイティブトークンであるOPは2.52ドルで取引されており、過去24時間で1.21%の上昇がありました。

OPのテクニカルは、上昇トレンドにあり、50日SMAの上で取引されていることから、良好な状態にあると言えます。

RSIは47.88であり、買われ過ぎのゾーンにあることを示しています。しかし、MACD値は、売りゾーンを示しています。

Metroploy(METRO)

Metropolyは、初の分散型 NFT(非代替性トークン)不動産のマーケットプレイスです。ここでは、不動産所有者は、不動産投資の代用品として、受動的な収入を得ることができるためにNFTを利用します。

シンプルで使い勝手の良いMetropolyプラットフォームを利用すれば、一般人でもわずか100ドルから世界中の収益の見込める物件に投資することができるのです。

Metroploy プレセール

このプラットフォームの開発者は、事業者が雇用するプロの不動産業者が一軒一軒丁寧に検査することを保証しています。

Metropolyは、ブルジュ・ハリファの高級マンションを100万ドルで売却するなどのキャンペーンを通じて露出を増やしており、プラットフォームの宣伝や物件の質の高さをアピールする絶好の機会となっています。

100万ドルのプレミアムなブルジュ・ハリファのコンドミニアムを獲得した幸運な当選者は、年間最大10万ドルの賃貸収入を得ることができます。

METROは、Metropolyエコシステムを維持するERC-20コインです。このトークンは、主に上場企業の不動産NFTや投資家への報酬として支払われます。

執筆時点では、トークンは1トークンあたり0.0625ドルで取引されており、ETH、USDT、BNBで購入することができます。

METROトークンは、プレセールで、目標額の59%に相当する約600,000ドルを調達しています。

Toncoin(TON)

Toncoin(TON)として知られる分散型レイヤー1ブロックチェーンは、2018年にメッセージアプリのTelegramによって作られました。当初の計画では、TONをユーザーフレンドリーなプログラムに統合し、ユーザーがお金を購入、送信、保管できるようにする予定でした。

Toncoin 価格表

オープンネットワークは、コミュニティによってサポートされるブロックチェーンであり、一般ユーザーへのサービス提供に重点を置いています。

ブロックチェーンネイティブコインのTONは、現在2.39ドルで取引されています。このデジタル資産は、過去24時間に1.39の上昇が発生しています。

テクニカル分析を見ると、TONは現在、連騰しています。同資産は、短期的には50日SMAの上に位置しています。

RSIは50.49であり、TONが買われ過ぎの領域にあることを示し、MACDの値は売りシグナルを示しています。

RobotEra(TARO)

投資家におすすめのアルトコインの最後を飾るのは、TAROです。

RobotEraプロジェクトは、Sandboxと同様に、プレイヤーがゲームをプレイしながらインセンティブを獲得することができるプロジェクトです。この Play to Earn(P2E)は、Web3分野でのメタバースゲームの人気を高めています。

RobotEra プレセール

RobotEraは、プレイヤーにしっかりした多次元メタバースプラットフォームへのアクセスを提供することを目的としています。したがって、このプロジェクトは、仮想通貨やデジタル資産を報酬に変える機能も有しているため、単なる楽しいゲームにとどまりません。

RobotEraのプレイヤーは、自分の創造性を追求することができます。すべての探索は、TAROと呼ばれる世界で行われます。

執筆時点では、エコシステムを動かすトークンであるTAROは、0.020ドルで取引されています。このプロジェクトは非常に好調で、現在進行中のプレセールで約987,000ドルを調達しています。

ステージ1が終了すると、トークン価値は0.025ドルに上昇し、2回目のプレセールステージに突入します。

執筆時点で、メタバースプロジェクトは、ファーストステージで認可された90,000,000トークンのうち、49,370,747以上のトークンを既に販売しています。

まとめ

多くのユースケースと利点から、SNXは有効な資産となります。DeFiに多くの投資家が集まるようになると、効果的に取引する方法が必要になります。

Syntheticはこの分野でニッチな存在となることが予想されるため、そのネイティブトークンの将来は非常に明るいといえます。

FightOut - 100倍の成長を見込む次世代のMove to Earn

OUR RATING

FightOutのロゴ
  • LBank LabsとTransakの全面支援!
  • ワークアウトで報酬を稼げる!
  • メタバースでレベルアップとコンテスト実施
  • プレセール中 100万ドル以上の資金調達に成功!
  • 現実世界でのコミュニティと触れ合える
FightOutのロゴ