ビジネスのマーケティング担当者や起業家、個人事業主の方が、投資や宣伝をするとき、どれだけの効果があったのかどうすればわかるのでしょうか?また投資を継続的に改善していくためにはどうすればよいでしょうか。そのためには、投資対効果をしっかりと数値化して把握できる仕組みが必要になります。

その際に大きな指標となるのがROIです。ROIとはReturn on Investment(リターン・オン・インベストメント)の略で、投資やプロジェクトの成果を評価するための重要なツールです。この記事では、コンテンツマーケティングにおけるROIの意味や計算方法を詳しく紹介します。

ROIとは?ROIの意味

ROI(アール・オー・アイ)とは、投資利益率とも呼ばれ、特定の投資やビジネス活動がどれだけ収益を生み出すかを評価するための指標です。投資(Investment)に対してどれだけのリターン(Return)を得たのかを計算します。

ツールの多様化やフローの複雑化などにより、マーケティングの効果は年々わかりにくくなっています。そこで生み出されたのがこの指標です。ROIは投資額とその投資から得られる利益(リターン)との関係を示し、通常、以下の数式で計算されます。

ROI = 利益金額(収益 – 投資額) / 投資額 × 100

数値はパーセンテージとして表され、ROIの数値が高いほど、投資が収益を生み出しており、投資収益率が高いと言えます。

ROIを計算するメリットとデメリット

ROIを計算するメリット

ROIの計算式はビジネスから投資、マーケティングなど幅広い分野で応用されています。特にマーケティングではROIを活用すると、ビジネス収益性を効率化するためのよい物差しとなり、ビジネスインテリジェンスを改善することができます。

また、ビジネスにおいて良い意思決定をするためにもROIが客観的データとして収益性を表してくれるのも大きな長所です。それが事業を効果的に拡大し続けていくコツです。主にROIのメリットのようにまとめられます。

  • 投資効率の評価:高いROI値は、リソースの効果的な活用を示し、低いROI値は無駄な投資を洗い出します。
  • 効果的な意思決定ができるようになる:新規プロジェクトの起ち上げたり、起業の準備段階、キャンペーン、新たな投資をするかなどを判断する際に、ROIを計算することで、リスクとリターンを評価し、最適な選択をするのに役立ちます。
  • リスク管理:投資に対するリターンと、それに対するリスクを比較することで、リスクを最小限に抑えつつリターンを最大化できます。
  • 成果のモニタリング:ビジネス活動やプロジェクトの進捗を追跡する際に、ROIを実績と予測を比較するための指標として使用することができます。これにより、計画の実行が予想通りに進んでいるか、修正が必要かを把握できます。
  • 資本配分の最適化:ROIを計算し、異なる投資分野を比較することで、資本や予算を最適に配分できます。リターンの高いプロジェクトや戦略にリソースを集中し、収益を最大化することが可能です。
  • 目標設定と評価:達成すべきROIの目標を設定し、それに向かって努力することで、企業の成長と収益性を向上させる手助けをします。

つまり、ROIはビジネス戦略や投資活動の基盤となる指標であり、資本やリソースの適切な活用と収益性の最大化に向けた重要なツールと言えます。組織や個人が効果的な意思決定を行い、成功を追求するためには、ROIの計算と理解が不可欠と言えます。

ROIを計算するデメリット

ROIは確かに収益性を客観的に計算するうえでは有効ですが、ビジネスを成長させる上では必ずしも万能なフレームワークではありません。

ROIのデメリットとして長期的な評価に適していないという点が挙げられます。というのも、ROIは現在までの投資額と利益の割合を測るためのものですので、将来的な評価までは数値化できないからです。そのため、起業の資金調達のためにROIを目安とする分には効果的ですが、長期的なプロジェクトを投資するためには現在のROIで測定すると正しくその将来予想をできません。

また、ROIは投資対象のキャッシュフローに着目しますが、キャッシュフロー以外での価値がある場合それを計算式に入れることはできないため、正しく評価できないのも難点です。例えば、ある企業をM&Aしようと思い、その理由がその企業が持つブランド力や顧客ロイヤリティであるとした場合この評価はROIに反映されません。そこでROIが低い場合、『その企業に投資する価値は本当にあるのか』と疑問視されることができます。

このように、ROIは現在の投資収益率を計算する上では有用ですが、長期的な視点では必ずしも使えるわけではないので注意が必要です。

このように、ROIは現在の投資収益率を計算する上では有用ですが、長期的な視点では必ずしも使えるわけではないので注意が必要です。

ROIを計算するメリット:

  • 投資効率の評価ができる
  • 意思決定を最適化できる
  • 資本配分を最適化できる
  • 目標設定とその評価に便利

ROIを計算するデメリット:

  • 長期的な評価に適していない
  • 広告活動を必ずしも評価できない
  • キャッシュフロー以外の価値など数値化できないものを評価できない

ROIの計算式

投資利益率 (ROI) の計算式は、収益から投資額を差し引き、その結果を投資額で割ることで算出されます。具体的には以下の通りです。

「利益金額÷投資金額×100(%)」

ここでいう「利益金額」は(売上-売上原価)-投資額、つまり粗利(売上総利益)のこと。マーケティングの文脈では、投資金額をコストや経費と言い換える場合もあります。また、利益金額は通常、特定の期間内での利益として測定されます。

ROI計算式の例:起業

例えば、50万円をかけてコンテンツを作成し、200万円相当の利益を獲得した場合、ROIは300%になります。

起業を例にしましょう。起業するにはROIの評価の仕方を知る必要があります。例えばある2つのスタートアップ企業のリターンを計算するとします。

  • A社:100万円を投資して500万円の利益
  • B社:1000万円を投資して2000万円の利益

A社のROIは500%。B社のROIは200%。単純に利益だけを見れば、B社の方が多いのですが、ROIで比較すると、A社の方が効率がいいことになります。

ROI計算式の例:不動産投資

また、ROIは不動産投資でもよく使われます。計算式は『年間収益÷自己投資額×100』となり、以下のような例が挙げられます。

(パターンA)

  • 年間の家賃収入が50万円の木造アパートを600万円の自己資金と1000万円の融資で購入したとします。

50万÷600万円×100=8.33%

(パターンB)

一方、年間の家賃収入が200万円のマンションを5000万円で購入したとします。

  • 200万÷5000万円×100=4%

うえの二つの例を比べると、パターンBのマンションの方がリターンは大きいですが、ROIでいうとパターンAの木造アパートの方が高いことがわかります。また、不動産投資においてグロスのROIが6%を下回ると危険水域と言われていますので、計算した時点でこの数字を下回ることがわかれば投資を回避する選択ができます。

ROIの基準値

ROIの基準についてですが、考え方のひとつとして「100%を下回らないこと」という目安があります。ROIが100以下の場合、得られた利益よりも投資にかかった費用のことが大きいことを表します。逆に言えば、プラスである限り利益は出ていることになります。

ひとつの目安としては、 M&Aなどを行う際に投資対象として事業のROIを評価するときは年率10~20%が基準 といわれています。 単純計算すると5年〜10年で回収できることになります。ROIがもっと高ければ、投資する側としては回収期間が短くなるということを表します。

ちなみに日本の上場企業の年率ROIは平均10%に満たない程度で、まだまだ効率的な投資をおこなっているとはいえないのが現状です。

ROIを最大化する方法

次に、ROIを最大化する方法を紹介します。まず当たり前ですが、売上を伸ばしてコストを下げれば、ROIは当然大きくなります。より安い仕入先を探したり、取り扱う商品の種類を絞り込んだりして原価やコストを下げる方法も効果的です。

また、マーケティング業界における投資コストの削減方法は、広告運用の最適化といわれています。ターゲットの洗い出しや、購入に積極的なユーザー層に向けて的確な広告を配信しましょう。Twitterを運用したり、LINEで集客を試みるなど、ソーシャルメディアを使って定額で利益率を上げる方法はあります。

業務の見直しや簡素化、自動化によって、効率化が見込む方法も有効です。

マーケティングでのROIの計算式

次に、マーケティング活動に特化したROIの活用方法を説明します。ROIは、ビジネスには欠かせないマーケティング活動にも応用できます。それが「マーケティングROI」です。スモールビジネスや個人事業主が継続して利益を出すには、「いくら売り上げたか」だけでなく「いくら利益が出たか」を検証する必要があります。

マーケティングROIの計算式は以下で表せます。

=[粗利(売上-原価)-経費-マーケティング費用]÷マーケティング費用×100

例えば、ある商品の総売り上げが100万円だったとしましょう。その原価は50万円です。マーケティング費用が10万円、人件費や輸送代などの経費が20万円かかったとします。

(100万円-50万円)-20万円-10万円)÷10万円×100

この場合、マーケティングROIは200%となります。

的確なマーケティングROIを把握するためには、マーケティングプランの段階からどのデータを記録/集計しておく必要があります。マーケティングの改善ひいては売り上げ増につなげるため、記録したデータの活用をしていきましょう。

マーケティングでのROI計算:費用対効果の計算方法

複数のチャンネルでマーケティング活動を展開することがあります。媒体広告、ウェブサイト、SNSマーケティングメールマーケティングなど、複数のチャンネルを組み合わせて効果が出た場合、マーケティングROIはどのように計算するのでしょうか。

答えは、全部のチャネルの費用に対する効果で評価します。消費行動プロセス(認知→興味関心→検索→行動)において、成約直前の媒体だけが成約に貢献しているとは限らないためです。例えば、以下の順番でマーケティングを行った時のROIを仮定してみましょう。

  1. 媒体広告→SNS→メール ROI 300
  2. 媒体広告→SNS     ROI 200
  3. 媒体広告→メール    ROI 250
  4. メールのみ       ROI 100

ROIを比べると、①が一番高く、次が③です。

またその時には、ROIだけでなく、CV数とCV率を比較する必要があります。CV(コンバージョン)数とは、成約数のことです。例えば、商品購入、会員登録、イベント申し込み、資料請求など、マーケティングの目的が達成した数です。

先ほどの例では、もしかしたらCV数は③よりも②の方が高いかもしれません。購買プロセスと言われる「認知→興味→比較→購買」を考えると、どの媒体で購買プロセスが進んだのかも加味する必要があります。そのため、CV数とCV率とROIのバランスから最適な組み合わせを探していきましょう。ROIは広告キャンペーン、不動産投資、新製品開発、教育なさまざまな種類の投資やビジネス活動に適用できます。ぜひ活用してください。

ROI以外の評価指標

上記の通り、ROIは現在の投資収益率を求める上で有効な計算式ではありますが、長期的な投資やプロジェクトを指数化する上では向いていません。

ただ、起業の費用などを投資家から集めるためにも将来的なビジネスの成功の可能性を具体的に提示する必要があります。ここではROI以外に有効な評価指標を紹介します。

KPI

KPIとは、Key Performance Indicatorの略で「重要業績評価指標」と訳されます。会社の売上や投資利益を向上させる場合、『頑張って売り上げを増やそう』というだけでは具体性に乏しく、それがどのようにROIに反映されるのかわかりません。

そこでKPI指標を設定することで、どの分野で利益率を向上させなければならないのかを明確にします。例えばディスプレイ広告の会社が売上を上げたいと考えた場合、KPIとして広告の表示回数とコンバージョン率を向上させることを目標に、どの程度まで引き上げるのかを定量化します。広告の表示回数がKPIを下回っている場合、SEO対策を見直したり、広告費用を増額したりなどの対応ができます。また、コンバージョン率がKPIを下回っている場合、広告内容を見直したり、ランディングページを改善するなどの対応も可能です。

KPIを設けることでリソースの選択と集中をすることができ、それが業績に反映されたらROIで投資利益率をチェックするというサイクルが有効になります。

4P分析

4P分析とは、主にマーケティングで利用されるフレームワークです。上記の通り、ROIは必ずしもマーケティングや広告活動が効果的だったかを判断するには適した指標ではありません。そこで4P分析を用いてマーケティング活動を最適化することができます。

4P分析のPとは、製品(Product)、価格、(Price)、場所(Place)、宣伝(Promotion)の頭文字を表しています。これら4つのPを競合他社と比較し評価することで、自社のマーケティング戦略を最適化することができます。

Gouter de Roiとは違う意味?

ROIを調べていると“Gouter de Roi”という言葉が検索にひっかかるかもしれません。Gouter de Roi(グーテ・デ・ロワ)とはフランス語で「王様の食事」を意味します。これは、王様のために特別に用意された食事を指す言葉で、高級な食事や料理を意味します。日本では、ガトーフェスタハラダが製造しているお菓子のことなので、本件とは関係ありません。

Quả roiとは違う意味?

また、ROIを調べるとQuả roiという言葉が出てくることがありますが、これはベトナム語で「フルーツの球」といった意味で、果物や実を指す言葉として使用されます。一般的な果物としては、マンゴーやドラゴンフルーツなどを指しますが、Quả roiも本件とは無関係ですので注意してください。

ROIまとめ

このように、ROIを的確に活用すると、ビジネスの投資やマーケティングを客観的に数値で把握することができ、長期的なプランの作成や改善をしていくことで、ビジネスの成功につながります。またROIはビジネス計画や提案を、他のステークホルダーに説明しやすくし、投資に関する情報をクリアに提示することで、ステークホルダー間での合意形成もしやすくなります。ぜひ参考にしてください。