ブランド戦略とはマーケティング戦略の一種ですが、ビジネスやブランドを顧客に効率的に届け、自らの地位をマーケットで確立するために重要となります。効果的なブランド戦略によって優位性のあるビジネスを築きつつ、狙いとするマーケットでシェアをつかむことができます。

この記事ではブランド戦略の基礎を説明し、ブランド戦略におけるフレームワークや効果的な戦略を作るためのやりかた、過去の成功例から学べるブランド戦略成功の秘密を徹底解説していきます。

ブランド戦略とは?

ブランド戦略とは

ブランド戦略とは、効果的に自分のブランドをターゲットとする顧客層に発信し、競合他社よりも優位な地位を築くための手法のことを指します。ビジネスのブランド戦略は自社のストーリーを顧客に伝えるだけでなく、名前やロゴ、フォント、色使いなど細部にまで及びます。自社に適したブランド戦略を採用することはブランドマネジメントをするうえでも非常に重要なので、自社のビジネスのパーソナリティや哲学、ビジョン、バリューなどをしっかりと考える必要があります。

高い価値と統一性のあるブランドは顧客からの信頼を掴むことができ、顧客ロイヤリティが向上するためリピート率が増え、固定客を定着させることができます。

ブランド戦略をつくる方法

ブランド戦略を決めるチーム

ブランド戦略を築くためには、まず自社のブランドがどのようなものなのかをしっかりと理解し、方向性を固める必要があります。以下ではブランド戦略の作り方を解説します。

1. 自社のブランドの“ミッション”を定義づける

自社のブランドミッションは顧客に提供しようとしているサービスや商品の背景にある目的やビジョンなどを説明できるものでなくてはなりません。そのブランドを通して企業がどのようなことを成し遂げようとしているのか、ビジョンは何なのかが伝わる“ブランドミッション”をもつことでブランド戦略が決まってきます。そのためにも以下の点を中心に自社のブランドについて考えてみましょう。

  • ブランドのインスピレーションはなに?
  • 自社のブランドでどのような影響を及ぼしたいか?
  • 自社のブランドでどのような“エクスペリエンス(体験)”を顧客に届けたいか?
  • 顧客の生活において自社のブランドはどのような役割を担えるのか?どのような結果が期待できるのか?

2. ブランドの“ビジョン”を決める

ビジョンは長期的なものとなり、将来的に自社のブランドで成し遂げたい目的や目標を掲げます。例えば無印良品のブランド戦略において、ビジョンは「“これがいい”ではなく“これでいい”」とされており、強い嗜好性を誘うものではなく理想的な満足感を顧客に体験してもらう商品作りをモットーにしています。

自分のブランドを表現するためにも、まずは自分自身で自社ブランドの強みやゴール、将来的にどうしたいのかなどを追及して考えてみましょう。

3. ブランドの価値を定める

自社のブランドのミッションとビジョンがはっきりしたら、つぎに価値(バリュー)を定めましょう。自分のブランドはどんな価値をもたらせるのか、競合他社にない優位性はなにかなどを総合的に考え、価値を決めます。これは必ずしも高級路線である必要はなく、自社のマーケットに適したブランドの価値を見極めるのが大事です。

4. ブランドポジショニング

自社の価値を定めたらブランドポジショニングを慎重に決めましょう。ブランドポジショニングとは企業名、ロゴ、商品の名称などのブランド・製品に対して信頼や共感など統一したイメージ感を顧客に持たせることです。ブランドポジショニングは競合他社と差別化できるものである必要があり、なおかつ顧客の注目を得られるものでなければなりません。

ブランド戦略においてポジショニングは大切なため、以下の点を中心に考えてみましょう。

  • 自社のブランドの製品やサービスはどうユニークなのか?
  • 競合他社と差別化できる点は?
  • 自分がターゲットとする顧客層は自社ブランドのユニーク点をどう評価するか?
  • 顧客が抱く自社ブランドのサービスや製品への印象は?

5. ブランドボイスを決める

ブランドボイスとは、そのブランドらしい語り口調や文体のことで、製品広告や会社案内、ウェブサイト、SNSマーケティング、プレスリリースなどでどのようなトーンで顧客と接するのかを決めるのがブランドボイスです。

ブランドボイスは自社ブランドのミッションやバリュー、強みを顧客に言葉で直接伝える方法になりますので、印象がとても大事なります。ブランドボイスを考えるためには以下の点を検討してみると良いでしょう。

  • 自社ブランドをどのように認知してほしいか?
  • 顧客が自社ブランドを表現するとき、どのような形容詞を使ってほしいか?
  • 自社ブランドのパーソナリティをどのように表現するか?
  • 自社ブランドがもしも人間だったら、どんな声のトーンで話し、どのような言葉遣いをするだろうか?

6. ブランドアイデンティティをデザインする

ここまできたらブランドを具体化する準備になります。ブランドのアイデンティティをデザインするためにあらゆる全てを投入しましょう。

ここでいうアイデンティティは、ブランドに関わる全ての感情・感覚的経験のことで、ロゴやフォントの見た目、色、動画マーケティングならどのような人物がどんな言葉使いで話すのか、音楽の雰囲気、ディスプレイ広告ならイメージの色やテーマなど多岐のメディアに渡ります。

フォントや色のような細かいことを顧客は気にしないのでは、と思うかもしれませんがブランドアイデンティティでは細部が非常に大切ですので妥協しないようにしましょう。

7. ブランドガイドラインをつくる

これは必須ではありませんが、自社ブランドのアイデンティティまで完成したらブランドガイドラインをつくり、社内や外部のコラボレーターと共有できるようにしましょう。インフルエンサーマーケティングではインフルエンサーに自社ブランドの特徴やアイデンティティについて短期間で理解してもらう必要があるため、具体的な声のトーンやテーマ、フォントの使い方などを事前に指定できると的確なマーケティングができます。

オウンドメディアを持っている場合、社内のマーケティングチームでガイドラインが共有されていれば誰が担当しても統一性のあるマーケティングができるためコンテンツマーケティングなどをする場合でも効率よく作業ができます。

ブランド戦略に効果的なフレームワーク

ブランド戦略のロードマップ

ブランド戦略は起業の準備段階で着手するべき重要な課題ですが、単に社員で話し合い、ブランド戦略に関する本ばかり読んでも具体的なものはできません。

以下ではブランド戦略で有効なフレームワークについていくつか紹介していきます。

ブランド戦略のフレームワーク1:3C分析

3C分析とは顧客(Customer)、自社(Company)、競合他社(Competitor)の3つのCのことで、ブランドターゲットを選ぶ際やビジョンメッセージを考える際に有効です。

自社ブランドの商品やサービスを顧客や競合他社、市場の目線で客観的にみることができるため、自社の強みを理解し、どう届けるべきかを考える際に役立ちます。

ブランド戦略のフレームワーク2:PEST分析

PEST分析は、ビジネスを取り巻く外的要因の政治(Politics)、経済(Economy)、社会(Society)、技術(Technology)の4つの視点から分析する方法のことです。PESTは自社のブランドポジショニングや競合他社との優位性を検討する際に効果的とされています。

また、中長期的な計画においてもマーケットを取り囲む環境を客観的に把握できる機会となるため、起業で失敗するリスクを最小化するためにも有効です。

ブランド戦略のフレームワーク3:SWOT分析

SWOT分析は会社のマーケットにおける競争力を正確に把握するための分析手法で、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)の4つで構成されています。

SWOT分析では自社ブランドの価値やアイデンティティをそれぞれ分類分けすることで、見えなかった課題や弱みを整理して見つけることができます。

ブランド戦略の成功例からみるストーリーの重要性

ブランド戦略で成功するには分析だけでなく、“ストーリー”が必要です。というのも、ブランドにあるビジョンやバリュー、メッセージは概念的なものですが、その理念をうまく表現できるストーリーがあると顧客に伝わりやすいからです。

以下ではブランド戦略の成功例とストーリーを紹介します。

ブランド戦略の成功例1:無印良品

無印良品のブランド戦略

上記でも紹介したように、無印良品は「“これがいい”ではなく“これでいい”」というビジョンをもっています。これは強い嗜好性のあるブランドではなく、ノンブランドである強みと簡素で気持ちの良い商品を低価格で提供する理念に由来しています。同社は西友のプライベートブランドから独立したストーリーもあり、誰もから満足してもらえる方向性を表現したブランド戦略といえます。

無印良品は日本だけでなく海外でも店舗を構え、“MUJI”のブランドとして知名度が高いですが、無印良品のブランド戦略において重視されているのがコンセプトと人間味です。同社で扱っている商品は必ずしもユニークなものではなく、他の量販店で購入できる物が多いです。しかし、同社では各商品に特徴やストーリーを説明したタグを貼り、コンセプトを顧客に丁寧に伝えます。また色使いや素材などにユニークさがあることから人間味が感じられ、大量生産されている他の量販店から巧みに差別化しています。

日本では“お手頃価格の良品質”というブランドイメージですが、海外では“日本発のやや高級・高品質ショップ”というイメージが定着しており、マーケットに応じてブランド戦略を使い分けている成功例としても参考になるでしょう。

ブランド戦略の成功例2:スターバックス

スターバックスのブランド戦略理念

日本では“スタバ’と略されるスターバックスですが、巧みなブランド戦略によって日本にカフェ文化を浸透させたことはあまり知られていません。

スターバックスは他のカフェや喫茶店と比べると高めの値段設定になっていますが、それでも客足が耐えることはありません。これは同社のブランド戦略におけるストーリーが効果的に顧客に伝わり、リピート率を上げていることが要因とされています。

スターバックスはコーヒーの味で勝負をするという姿勢を持っており、家でも職場でもない第三の居心地良い空間を提供することを理念にしています。そのため、日本に進出した際はフランチャイズで拡大することはせず、すべて直営店によって高い品質をキープしながら徐々に拡大していきました。

また、テレビCMなど大きな宣伝広告は出しておらず、インスタグラムやTwitterを運用したソーシャルメディアのマーケティングを実施することで顧客との近い距離感を大切にするブランド戦略を採用しています。

ブランド戦略まとめ

この記事では効果的なブランド戦略の作り方と効果的なフレームワーク、そして過去のブランド戦略の成功例とストーリーを解説してきました。

起業の成功例をみると効果的なブランド戦略を採用した企業はスタートアップ後大きな飛躍を遂げていることがわかります。ブランド戦略をつくるためには市場と競合他社だけでなく、何よりも顧客との関係性を理解する必要があります。そのため成功できるブランド戦略には効果的なCRMも陰で支えていることが多いです。

自社ブランドの強みやビジョン、メッセージを考えながら顧客に効果的に届くブランド戦略を立案するために本記事を参考にしてみてください。