現代の忙しい日々では、日々のスケジュールを整理し、効率的に時間を管理することが大切です。ここで役立つのがカレンダーアプリ。カレンダーアプリは、個人の予定管理からチームや家族間のスケジュール共有まで、幅広く対応しています。

本記事では、予定を徹底的に管理し、個人やチームの活動に時間革命を起こすようなおすすめカレンダーアプリを徹底解説していきます。

カレンダーアプリとは

カレンダーアプリ「Lifebear」のipad画面

カレンダーアプリとは、スマートフォンやタブレット、PCなどで利用できるデジタルカレンダーのことを意味します。

予定の追加、編集、削除、共有などが手軽に行え、予定日や前日にはリマインダー機能が稼働します。さらに、多くのアプリはオンラインとオフラインの両方で利用可能です。

また、多くのカレンダーアプリでは予定を色分けして可視化することができるので、一目で予定の種類や重要度を把握できます。予定が詰まっている日や、余裕のある日が視覚的にわかりやすいのは便利ですよね。

さらに、2022年にはGoogleカレンダーやAppleカレンダーなどの既存のカレンダーサービスと連携して利用できるアプリが多数誕生し、今年はさらに便利さが拡大したカレンダーアプリが生まれています。

カレンダーアプリと手帳の違いは?

カレンダーアプリと従来の手帳との間には複数の顕著な違いがあります。

まず、カレンダーアプリはデジタルでインスタントにアクセス可能であり、手帳は物理的なアイテムであるという基本的な違いが存在。カレンダーアプリは、スマートフォンやPCなど、インターネットに接続されたデバイスからいつでもどこでもスケジュールを確認できます。そのため、営業に行く際や誰かとのアポに出かける際に、荷物が少なくて済みます。一方で、手帳はカバンに入れて持ち歩く必要があるでしょう。

また、カレンダーアプリでは変更や追加が容易で、スケジュールの調整もスムーズです。手帳では一度書き込んだ予定を変更する際には、消しゴムや修正テープが必要となり、やがてページの消耗により、読みにくくなることもあります。

さらに、カレンダーアプリは通知機能を使えば、設定した時間にリマインダーを受け取ることができ、予定の見逃しを防げます。一方で、手帳は自分で確認しなければ、予定を忘れてしまうリスクがあります。

他にも、カレンダーアプリでは家族や友人、同僚とスケジュールを共有することもできます。これにより、互いの予定やワークフローを確認し合って計画を立てる、ことが容易になります。手帳を他人と共有するには、物理的に手渡しするか、写真やコピーを取って共有する必要があり、効率性には欠けるでしょう。

カレンダーアプリを選ぶポイント

便利な機能がついたカレンダーアプリは多いですが、どのようなポイントを重視して、おすすめのアプリを選ぶべきなでしょうか。以下、カレンダーアプリを選ぶ際に確認するポイントを紹介します。

ユーザーフレンドリー

忙しい毎日でカレンダーアプリを使うならば、予定の追加や編集、削除がスムーズに行えることが大切ですよね。そのため、直感的で使いやすいインターフェースであるかどうかをチェックするようにしましょう。

通知機能

せっかくカレンダーに予定を書き込んでも、その予定自体を忘れてしまうことは日常でよく起きることでしょう。したがって、予定やアポイントメントに対するリマインダーやアラーム機能を搭載していることが重要です。

共有機能

家族や友人、同僚とスケジュールを共有できる機能があるかどうかを確認しましょう。共有機能があれば、グループでの予定調整がしやすくなるはずです。

同期機能

複数のデバイス間で、スケジュールが自動的に同期される機能があると便利です。これにより、どのデバイスを使っても、いつでもどこでも常に最新の予定を確認できます。

セキュリティ

プライベートな予定も保存するため、データのセキュリティやプライバシー保護の機能が十分かを確認することが重要です。

価格

無料か有料かも選ぶポイントです。有料版では追加機能が使えることが多いですが、必要な機能のほとんどは無料版で十分カバーできるでしょう。

カレンダーアプリはAndroidやiPhoneでも使える?

カレンダーアプリは、AndroidやiPhone(iOS)の両方で使用可能です。各プラットフォームのアプリストアで、多様なカレンダーアプリが提供されており、ユーザーは自分のニーズや好みに合ったアプリを選びダウンロードすることができます。

また、多くのカレンダーアプリはGoogleカレンダーとの連携機能を持っています。Googleカレンダーは、グーグルアカウントを持っていれば誰でも利用できるデジタルカレンダーサービスで、PCでもスマートフォンでもアクセスできます。Googleカレンダーと連携することで、ユーザーはGoogleカレンダー上のスケジュールや予定をスマートフォンのカレンダーアプリで閲覧、編集、共有することが可能。これにより、異なるデバイス間で予定の同期や管理が一元的に行えるため、非常に便利です。

2023年のおすすめカレンダーアプリ

おすすめのカレンダーアプリを探すには、多くの手間が発生するでしょう。そこで、当サイトでは選ぶポイントをふまえて、おすすめカレンダーアプリを厳選しました。

  1. TimeTree -友人や家族と一緒に管理できるグループカレンダーを作成
  2. Googleカレンダー – チームメンバーや会議室の空き時間をチェック可能
  3. Lifebear – 多彩な着せかえテーマでオリジナルカレンダーを作成
  4. シンプルカレンダー – シンプルなUI/UXに特化
  5. Cahoカレンダー – アイコンや背景を可愛くカスタマイズ

無料で使えるおすすめカレンダーアプリ

当サイトで厳選した、無料で使える各おすすめのカレンダーアプリを解説します。

TimeTree

カレンダーアプリ「TimeTree」のロゴ

TimeTreeは多機能なカレンダーアプリで、家族やカップル、仕事関係者などとカレンダーを共有できます。

ユーザーはグループごとに共有カレンダーを作成することが可能。予定の作成や変更、メッセージの送信がリアルタイムで共有メンバーに通知されるため、いちいち予定を確認する手間が不要となります。ウィジェットを設定すれば、アプリを開かなくてもより手軽に予定を確認できます。

また、Googleカレンダーからデータをインポートやコピーできるため、簡単に使い始めることができるでしょう。

さらに、予定が未定の場合でも、相手と共有できるメモ機能が利用できます。各予定ごとにチャットでコミュニケーションを取ることも可能です。

加えて、予定に関連する写真や画像を投稿でき、LINETwitterなどのSNSを通じて個別の予定を共有することができます。

TimeTreeはこんな人におすすめ

“家族やパートナーと共有するグループカレンダーを作りたい”

“予定をリアルタイムで共有し、コミュニケーションをとりたい”

“仕事とプライベートのスケジュールを一元管理したい”

“ウィジェット機能でサッと予定をチェックしたい”

Googleカレンダー

カレンダーアプリ「Googleカレンダー」のロゴ

Googleカレンダーは、月ビュー、週ビュー、日ビューといった複数の表示形式を切り替えることができ、見やすさに優れています。
また、Gmailで受信したフライトやホテル、レストランなどの予定情報は自動的にカレンダーに反映され、手軽にスケジュール管理を行うことが可能。さらに、To-doリスト機能を利用すれば、タスクの作成や管理も同一画面で行えます。

さらに、カレンダーに予定を入力するだけで、簡単にビデオ会議ツールGoogle MeetのURLを発行し、配信できます。そして、ビデオ会議の参加希望者に、すぐにURLを共有することができます。

Google Workspaceユーザーであれば、チームメンバーや管理者は同僚の空き時間を確認したり、会議室やその他の共有リソースの利用状況も確認できます。そのため、ワークフォースマネジメントの1つの施策として、Googleカレンダーを導入するのも良いでしょう。

もちろん、GoogleカレンダーはPCやiPhone、Androidなどどのデバイスからもアクセス可能です。

Googleカレンダーはこんな人におすすめ

“予定の入力を自動化したい”

“ToDoリストとカレンダーを一元管理してしたい”

“ビデオ会議の予約をスムーズに行いたい”

“同僚同士のスケジュールを見える化したい”

Lifebear

カレンダーアプリ「Lifebear」のロゴ

Lifebearは、カレンダーやToDo、ノート、日記が1つになったオールインワン型のカレンダーアプリです。利用者が好みに合わせて使い方を選べることから、多様なユーザーに支持されています。

また、Lifebearは多くの著名なイラストレーターとコラボレーション。そして、高品質な1500種類以上のスタンプや20種類以上の着せかえテーマを提供しています。そのため、ユーザーは手作り感のあるオリジナルカレンダーの作成が可能に。気分に合わせてさまざまなデザインを楽しむことができるでしょう。

さらに、アカウントを登録すればデータの復元はもちろん、端末の故障やシステムの不具合、アプリの削除後もデータが安全にバックアップされます。Web版の利用も可能なため、PCからもアクセスできます。

Lifebearはこんな人におすすめ

“手帳やノートなど、荷物を減らしたい”

“カレンダーを可愛く手作りしたい”

“データの安全を重視したい”

“PCでもカレンダーを使いたい”

シンプルカレンダー

カレンダーアプリ「シンプルカレンダー」のロゴ

余計な機能はなく、シンプルさと使いやすさを追求したカレンダーアプリがシンプルカレンダーです。

アプリはiOSのカレンダーアプリの機能を活用しているため、作成した予定は他のカレンダーアプリやiOS標準のカレンダーとも簡単に同期できます。また、Apple iCloudやGoogleカレンダーとも連携ができ、それによりデータが安全に保管され、端末の故障や機種変更時もスムーズにデータを移行可能です。

さらに、ユーザーは文字サイズを5つのサイズから選び、太字や細字、文字の色まで自由にカスタマイズできます。

加えて、予定にはURLや位置情報、メモの追加もでき、それぞれの機能を活用することで計画やスケジュールの管理が一層スムーズになるでしょう。

なお、どの機能も無料で使用することが可能です。

シンプルカレンダーはこんな人におすすめ

“直感的操作が可能ななカレンダーアプリを使いたい”

“他のカレンダーアプリと簡単に予定を同期したい”

“文字のサイズやカラーをカスタマイズしたい”

“無料で機能を使いこなしたい”

Cahoカレンダー

カレンダーアプリ「Cahoカレンダー」のロゴ

大人気イラストレーター「Caho」さんが描くイラストが可愛いカレンダーアプリです。アイコンや背景などに対して、自分好みのカスタマイズが楽しめます。

また、各予定は色分けすることができるため、一目で大切な日程を把握することができます。さらに、直近の予定を一覧で確認できる「見やすい3日間表示」機能により、近日中のスケジュールを素早くチェックすることも可能です。

スムーズな操作方法も特徴の1つ。「縦カレンダー」を採用していることから、縦スクロールにより所望の日にちへとスムーズにナビゲートできます。

そして、特定の日付をタップすることで、その日の予定一覧が表示される機能を搭載。これにより、日々の詳細なスケジュールをすばやく、そして容易に確認することができるでしょう。

Cahoカレンダーはこんな人におすすめ

“カレンダーを自分好みに可愛くデザインしたい”

“大切な約束を瞬時に把握したい”

“近日中の予定を素早くチェックしたい”

“今日の予定を一覧で表示したい”

まとめ

カレンダーアプリは、予定管理や共有機能をスマートに実現し、日常生活やビジネスシーンでのスケジューリングで威力を発揮します。本記事では、その基本的な機能から選び方のポイント、おすすめのアプリまでを網羅的に解説しました。

手帳との違いを理解し、自分のライフスタイルに合わせて最適なアプリを選ぶことで、予定管理がより効率的かつスムーズになります。手軽に始められるカレンダーアプリで、より便利で効率的な時間管理を進めましょう。

FAQ

カレンダーアプリのメリットは?

おすすめのカレンダーアプリは?

カレンダーアプリは無料ですか?

カレンダーアプリは安全ですか?